1000円前後でも実用的 試して選んだパソコン周辺機器コスパ最強周辺機器【予算1000円編】

日経PC21

1000円で買えるヘッドセットや無線マウス、2000円前後の指紋センサーやVRゴーグル、3000円台の活動量計や外付けのソリッド・ステート・ドライブ(SSD)など、安くて気になる製品が大集合。「でも、安かろう悪かろうなのでは」と心配する人もいるはず。そこで日経PC21編集部がこれら激安製品を実際に購入し、使い勝手を試した。今回はまず、1000円前後の製品グループから。

水で丸洗いできるキーボード

一見、普通のキーボードだが、水で丸洗いできるのが特徴。キーはメンブレン式で、キーストロークは3.5ミリ。キーの質感はそれなりだが、打ち心地は悪くない
「BSKBU12BK」(バッファロー)購入価格:1255円
●キー数:108キー●キーピッチ:19ミリ●キーストローク:3.5ミリ ●ケーブル長:1.5メートル●サイズ:幅445×奥行き151×高さ21ミリ●重さ:560グラム

バッファローの「BSKBU12BK」は、水洗いできるキーボード。キー配列は標準的な108キーで、テンキーも付いている。キーストロークは3.5ミリで、メンブレン式のキー構造を採用。キーの質感はいかにもプラスチックといった感じだが、1200円台という価格を考えると、打ち心地は決して悪くない。

キーを支えるフレームの底面に排水用の穴が開いており、水洗いをしても内部に水が溜まらない。かなり強い水流で洗っても問題なかった

キーボードの底面に排水用の穴が開いており、水道の蛇口から直接水をかけて流しても、内部に水が残らない。1~2分ほど水を流し続けたが大丈夫だった。ただし、ケーブルの先のUSB端子には水がかからないように注意。水洗い後はしっかり乾燥させてから使おう。

掃除用のクリーニングブラシが付属する。水洗いするほどでもない、ちょっとした隙間のほこりや、詰まってしまったスナック菓子の食べかすなどは、ブラシで対処できる

クリーニングブラシも付属。キーの隙間のちょっとしたほこりをかき出せる。いつも清潔に使えるのは気分がいい。

静音性に優れるワイヤレスマウス

左右のクリック、スクロールホイールという一般的な3ボタン構成のワイヤレスマウス。カラーはホワイト1色。コンパクトなので、持ち運びにも向く
「MA-WH123W」(サンワサプライ)購入価格:909円
●無線方式:2.4GHz(RF電波方式)●読み取り方式:光学センサー方式●電源:単4形電池×2●サイズ:幅58×奥行き104×高さ38ミリ●重さ:56グラム(電池含まず)

サンワサプライの「MA-WH123W」は、静音性をウリにしたワイヤレスマウス。ボタンは、左右クリックとスクロールホイールという一般的な3ボタン構成だが、驚くのはその価格。ワイヤレスマウスでありながら、何と1000円を切っていた。

付属の無線レシーバーを、パソコンのUSB端子に接続して使用する。ほとんどのパソコンでドライバーのインストールは不要。レシーバーは非常に小さく、付けっぱなしにしていても邪魔にならない

無線レシーバーは非常に小さく、パソコンのUSB端子に挿したままにしていても邪魔にならない。ブルートゥース接続と違い、ペアリングの必要がなく、レシーバーをパソコンのUSB端子に接続し、マウス本体の電源を入れればすぐに使える。無線レシーバーは、マウスのフタを外して収納できる。

マウス底面のボタンを押すと、フタが外れる。単4形電池2本で駆動。無線レシーバーを収納するためのスペースが設けられており、携帯時に紛失する心配がない

実際に使ってみると、確かにボタンのクリック音は静かなように感じた。激安ながらボタンの押し心地もまずまずで、マウスポインターの追従性も問題なかった。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
モノラルだから聞き取りやすい
MONO TRENDY連載記事一覧