葬儀10分、立ち会いは10人まで コロナ禍のサンパウロ

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

密閉された父親の棺を墓まで運ぶマノエル・ジョアキン・ダ・シウバ氏の息子たち。シウバ氏はCOVID-19の検査結果が出る前に79歳で死去した(PHOTOGRAPH BY GUI CHRIST)

ブラジル、サンパウロ──ビラ・フォルモサ共同墓地の従業員が、マノエル・ジョアキン・ダ・シウバ氏を埋葬したとき、消毒液の鼻をつくにおいが漂ってきた。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が疑われる死は「バイオハザード」(生物災害)と見なされ、79歳で生涯を終えたダ・シウバ氏の書類には、「D3」というスタンプが押されている。このスタンプは、墓地の従業員は霊柩車の到着前に、緑色の分厚いゴム手袋、N95マスク、フードが付いた白のビニール製スーツという完全装備の防護服を着用する必要があることを意味するものだ。

そして、家族にとっては、世界のほかの多くの地域と同様、家族に別れを告げる時間が10分しかないことを示している。

手袋とマスクを着用した息子2人が木棺の足のほうを左右からつかみ、父親を永眠の地まで運ぶ。墓地には一列に穴が掘られ、列と列の間には土の山がある。手袋をはめた孫娘が間際に届いた白と赤の花輪を持ち、ボーイフレンドがその後ろに続く。今いるのはこの4人だけだ。

ダ・シウバ氏は飲食店の調理場で定年まで働いた。その後、年金暮らしをしていたが、年金だけで生きていくのは難しいと気付き、通りで宝くじを売り始めた。客とおしゃべりをして過ごす毎日だったが、2020年3月24日、サンパウロ市が街全体の自主隔離を公式に宣言すると、彼はこれに従った。

その1週間後、ダ・シウバ氏は病院にいた。それからわずか1週間後、彼は埋葬されることとなった。実は、この時点では、新型コロナウイルスの検査結果はまだ出ていなかった。

ダ・シウバ氏には3人の子供がいる。しかし、亡くなったあとに葬儀は行われなかった。重労働もいとわず、ネコとイヌを愛し、自宅でサンバの名曲を歌っていたダ・シウバ氏。彼を偲んで、家族や友人が思い出を語り合うこともなかった。ブラジルでは通常、盛大な通夜を執り行い、棺(ひつぎ)を開けたまま、皆で故人を囲むのが常なのだが――。

ダ・シウバ氏の遺体はビニールで包まれ、棺は密閉された。60歳になる妻は、健康上の問題を抱えており、最後の別れを告げることはできなかった。娘も看病のため、自宅にとどまった。

埋葬に立ち会った4人は肩を並べ、男たちが大急ぎで棺を埋めるのを静かに見守った。

棺に最後の土がかけられ、穴の列に小山が出現したとき、次男のロドリゴ・マノエル・ダ・シウバ氏が首をうなだれた。

「こんなはずではなかった」とロドリゴ氏はつぶやいた。父親が埋葬された区画Q56の隣には、すでに別の霊柩車が到着している。「皆ここに来たがっていた。家族全員がここに来るべきだった。父はこのような扱いを受けるべきではなかった」

注目記事
次のページ
せかされる家族との別れ
今こそ始める学び特集