密着泡で潤いある透明肌育てる 朝夜洗顔の基本ルール

日経ヘルス

透明肌は古い角質をとり除く朝晩の洗顔で
透明肌は古い角質をとり除く朝晩の洗顔で
日経ヘルス

潤いに満ちたクリアな透明肌を育てるには、古い角質をとり除く朝晩の洗顔がマストです。泡の力を使った新しい洗顔術で、気になる乾燥や毛穴トラブル、くすみをまとめて解消して。

◇  ◇  ◇

「皮脂量に差はあれど、年齢を重ねると誰もが乾燥肌になる。すると細胞のターンオーバーが遅くなり、肌表面を覆う古い角質である『アカ』がたまりがちに。洗顔できちんと取り除くのが大前提」。そう話すのは、武庫川女子大学薬学部健康生命薬科学科客員教授の菅沼薫さんだ。

角層は皮脂腺のある毛穴の内側までを覆い、アカが詰まると角栓やニキビの原因に。「肌をいたわりながら、汚れと一緒に古い角質をはがすのが泡洗顔。ターンオーバーが促されることで角層の細胞間脂質(セラミド)や天然保湿因子が正常に保たれ、肌のバリア機能が改善。乾燥も抑えられる」と菅沼さん。毎朝の洗顔は皮脂量を見極めつつ、潤いのある透明肌を育てよう。

■泡の力で古い角質を落として肌細胞の再生を促す

(Before)皮脂腺がある毛穴の内側は、肌表面と同じ角層に覆われている。洗顔で古い角質(アカ)をとりきれないと毛穴が詰まり、皮脂の分泌やターンオーバーが乱れてさまざまな肌トラブルに。
(After)密着泡で古い角質を適度にとり除くと、毛穴詰まりが解消する。ターンオーバーが改善して角層のキメが整うことで、滑らかで潤いのある肌へと整う。くすみも解消する。
注目記事
次のページ
潤う!密着泡洗顔の基本ルール
今こそ始める学び特集