中ソ少数民族エリートの姿追う 日経読書面今週の5冊2020年6月27日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

民族自決と民族団結 熊倉潤著

>>日経電子版で書評を読む 「中ソ体制代弁者の姿 精細に」

(東京大学出版会・7600円) くまくら・じゅん 86年茨城県生まれ。東京大学大学院修了、博士(法学)。現在、アジア経済研究所新領域研究センター研究員。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


神々は真っ先に逃げ帰った アンドリュー・バーシェイ著

>>日経電子版で書評を読む 「シベリア抑留者の内面探る」

原題=The Gods Left First(富田武訳、人文書院・3800円) ▼著者は米カリフォルニア大学バークレー校歴史学教授。著書に『近代日本の社会科学』。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


絵本画家 赤羽末吉 赤羽茂乃著

>>日経電子版で書評を読む 「波瀾の生涯 身近な目で描く」

(福音館書店・2500円) あかば・しげの 52年、東京生まれ。79年、赤羽末吉の三男研三と結婚。末吉の生涯と作品の魅力を伝える活動に取り組む。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ファシズムはどこからやってくるか ジェイソン・スタンリー著

>>日経電子版で書評を読む 「「我々」と「やつら」分離の手口」

原題=HOW FASCISM WORKS(棚橋志行訳、青土社・2000円) ▼著者は69年生まれ。米イェール大哲学教授。プロパガンダ研究で知られる。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


告解 薬丸岳著

>>日経電子版で書評を読む 「加害者側の贖罪問いかける」

(講談社・1650円) やくまる・がく 69年兵庫県生まれ。05年『天使のナイフ』(江戸川乱歩賞)で作家デビュー。他に『悪党』など著作多数。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介
注目記事
ビジネス書などの書評を紹介