――経営を見る大局観はどこで養われたのですか。

「歴史書を読むのが好きで、さまざまなことを教えてもらってますね。ジョン・F・ケネディ元米大統領の弟が書いた回顧録『13日間 キューバ危機回顧録』を読むと、大統領は第1次大戦が勃発するきっかけとなったオーストリアの皇太子が殺害されたサラエボ事件を詳細に描写した1冊を、愛読書にしていたようです。一人で読みふけりながら、じっと考えに考えてから行動に移すタイプの政治家だったようですね。キューバ危機という米ソ対立の緊張感が高まった時代背景も踏まえると、一人でじっと考え抜くことの大事さを歴史書が教えてくれます」

「アイゼンハワー元米大統領はリーダーとして、ケネディ大統領とはタイプが違っていたようです。ノルマンディー作戦でドイツ軍と対峙するとき、自軍兵士の前で『俺も逃げ出したいくらい怖い気持ちだ』と、にこりと笑顔で応えた。兵士と同じ目線に立って、仲間を鼓舞する人です。英国のチャーチル元首相も文筆家であり、歴史家で尊敬しています。3人ともリーダーとして私欲がないのが共通点で、そこにひかれますね」

人生に無駄なことなどない

――自らの経営にも生かされていますか。

「社長として必要な力量は3つあると考えています。ものをよく考える洞察力を磨くこと、もうひとつは楽しく、夢のあるストーリーを語り共感を得ること。そして最も大事なことは人間力です」

「人間力とは、本気度と誠実さ。それに加えて、それまで積み重ねてきた足跡だと思います。私が人間力が高いと思う経営者は2人いて、まずファンケルの創業者、池森賢二さんです。人々の『不安、不満、不便』を解消するため、無添加化粧品で事業をおこした。子供のころ父を亡くして、中学卒業後に様々な職業を経て起業するなど激動の人生を送っています。もう一人はニトリホールディングスの創業者、似鳥昭雄さん。あらゆる困難を乗り越えて、しびれるような経験を積んだことで成功にたどりついた。言葉に説得力がありますよね」

神奈川県小田原市にあるミカン畑を週末に訪れて手入れをする。品種は温州ミカン。秋には収穫したミカンをキリンのクラフトビール直営店で、ビールにして期間限定で発売する。若いころ使っていた農機具をみると、「あの頃はつらい気持ちばっかりだったけど、今はミカン畑での作業が本当に楽しいね」と振り返る。

「このお二方とは比べようもありませんが、私も青年期に少し苦労しました。父は日本専売公社(現日本たばこ産業)で働きながら、兼業でミカン畑をしていました。それが脳梗塞を患って後遺症が残ったため、私もミカン畑を手伝うことになったのです。神奈川県立小田原高校という進学校に通っていたのですが、父の代わりに地元の専売公社に就職する話も出ていました。なんとも言えない気持ちになりながら、急斜面の畑で草刈りをしたり、籠に入れたいっぱいのミカンを運んだりしていました。精神的に追い詰められましたが、神様はいるのですね。懸命にリハビリを続けた父から『学校に行っていいよ』と言われ、大学に進学することができました。私の原体験になっていると思います」

「社員の中には、やりたい業務につけずに思い悩んでいる人もいるかもしれません。でも、人生を振り返ると無駄なことはないし、どんな経験も絶対に意味があると言い切れます。人生で簡単なコースを選ぶと、いつまで立っても、しびれるような経験は身につかない。苦労を経験することで人の優しさも身に染みて感じることがあるんです。人に寄り添うことも、共感することもできるようになります。社員には、特に若いときにしびれる体験をしてほしいですね」

磯崎功典
1953年神奈川県生まれ。77年慶応大経卒、キリンビール入社。99年ホテル・ホップインアミング総支配人、2001年広報部担当部長、04年サンミゲル社副社長、10年キリンホールディングス常務、12年キリンビール社長を経て15年から現職。

(後藤健)

<<(上)夢でうなされたホテルの空室 全力で打開、社員も奮起

マネジメント層に必要な4つのスキルを鍛える講座/日経ビジネススクール

会社役員・経営幹部の方を対象とした、企業価値を高める経営の実務に役立つビジネス講座を厳選

>> 講座一覧はこちら

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら