長時間、座っても快適なパンツ デサントの技術活用

Paravi

日本人は世界一座っている時間が長いと言われています。こうした状況をビジネスチャンスと捉え新商品が発表されました。

スポーツ用品大手の「デサント」とアパレルブランドの「ファクトリエ」が、ビジネスマンをターゲットに“座る”を快適にするパンツ(2万1780円)を発売しました。

デサントジャパンの小川典利大社長は「ずっと座っている時間を楽にするのがコンセプト」と話します。

新商品はデサントのユニホームをつくる技術を活用し、「3Dパターン」と呼ばれる技術で立体的になるよう生地を裁断してつくられます。

デサントとファクトリエが発売した“座る”を快適にするパンツ

一般のパンツに比べひざまわりを締め付けないため、ひざを曲げ伸ばししても裾の位置が変わりません。

「ファクトリエ」は、技術にこだわった製品を専門に販売しています。今回はデサントの技術を生かし、約1年かけて共同開発しました。

この映像と記事はテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」(2019年10月14日放送)の内容を配信用に再構成したものです。

[PlusParavi(プラスパラビ) 2020年6月29日付記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧