――着こなしのアクセントとしても、軸としても使いやすいのですね。シューズについても詳しく教えてください。

「ADAM ET ROPE'の30周年を記念して別注した、CONVERSE(コンバース)の『スター&バーズ』というモデルです。もともとバスケットボールシューズとしてデザインされていますが、アッパーをシボ革に変更して、モノトーンでまとめることで、やんちゃ過ぎないスニーカーにアレンジしています。革靴とスニーカーのちょうど中間と言えるアイテムですね」

1969年にコンバースからリリースされた「スター&バーズ」。同店別注のモデルはオンオフ問わないシューズとして支持を集めているという

大人向きの絵柄Tシャツ 足元はビーチサンダルで軽快に

――3組目はイラストが描かれたTシャツとビーチサンダルを取り入れた、リラックス感のあるスタイルです。

「最後は休日のコーディネートです。セットアップのドレッシーな印象を緩和するために、かわいらしいデザインのインナーを取り入れてみました。イラストで描かれているニットキャップがネイビーと相性のいいオレンジというのも、このTシャツを選んだ理由です」

ジャケット 1万7500円(ADAM ET ROPE')、パンツ 1万3500(ADAM ET ROPE')、Tシャツ 7400円(BASK IN THE SUN)、ビーチサンダル 7400円(el Nido flips)

――絵柄のアイテムを大人の男性が着こなすコツは?

「細い線を使ったシャープなイラストは上品に取り入れられます。反対に、派手すぎるバンドTシャツなどは避けましょう」

フランスのサーフブランドBASK IN THE SUN(バスク イン ザ サン)のTシャツ。チリ出身のアーティスト、DANIELA GARRETON(ダニエラ・ガレトン)が手がけた軽妙なイラストが目をひく
ビーチサンダルのカラーもジャケットやパンツと同じ青系で統一している

――ビーチサンダルをファッションアイテムとして取り入れるには勇気がいります。どこに注意すればいいでしょう?

「色合いや素材感に統一感のあるものなら身につけやすいと思います。鼻緒やソールの素材はラバーではなく、今はいているel Nido flips(エルニドフリップス)のような、レザーがおすすめです。セットアップの足元にも違和感なくなじんでくれますよ」

※表示価格は税抜き。

文:FACY編集部 山梨幸輝(https://facy.jp/) 写真:加藤潤


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
SPIRE
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram