オカモトショウ 8年の思いがかなったオリジナル財布

4人組ロックバンド・OKAMOTO’Sのボーカルを務めるオカモトショウ
4人組ロックバンド・OKAMOTO’Sのボーカルを務めるオカモトショウ

正統なロックの荒々しさを受け継ぎながら、ヒップホップの要素やキャッチーなポップセンスを絶妙に絡ませたサウンドで音楽ファンから支持される4人組バンド、OKAMOTO’Sは2019年にデビュー10周年を迎えた。ボーカルで作詞作曲を主に手掛けるオカモトショウは、この10年間変わることなく音楽と音楽を愛する人への思いをまっすぐに歌い続けてきた。

そんな熱い男が、今回「モノ語り」に登場。ウォレットとアコースティックギター、レコードの3つのアイテムを挙げてくれた。一見バラバラに見える3点だが、そこには彼らしい思いの深さやぬくもりが共通して流れている。

作品を作る感覚で財布を作ろう

「まず財布ですが、2019年10月に開催したイベント『生誕祭』のために、JAM HOME MADEというブランドとコラボして作ったものです。そもそも『生誕祭』は、自分の誕生日を祝う趣旨なので、好きなバンドに出てもらい、フードも自分がかつてバイトしていたソーセージ屋さんや母の手料理で一番好きな味など、『オカモトショウ尽くし』なんです」

8年越しの念願がかないJAM HOME MADEとコラボして作ったオリジナルの財布

「JAM HOME MADEさんは知人の紹介で8年くらい前から交流があり、長財布や指輪など、普段から使っているくらい好きなブランド。『いつかコラボしたいね』といつも話していたので、8年越しにようやく念願がかないました」

「アイテムは、財布がいいなというのははじめからありました。話を進めるなかで、『作品を作る感覚で財布を作ろう』という案が出てきて。昨年、僕らにとって初となる武道館公演『OKAMOTO'S 10th ANNIVERSARY LIVE “LAST BOY”』をやったんですが、そのために『Dancing Boy』という曲を作りました。僕らの記念碑的な楽曲の歌詞を(財布を作る前の)大きな1枚の革に手で描いて、『誕生祭』でアート作品みたいに額縁に入れて飾ったんですよ。後日、そこから財布を作ったんですが、その中の一つがこれ。思い入れのある歌詞を、僕らを応援してくれる人たちとシェアできるのがすごくいいなと思って、今回『モノ』について語ると聞いて、まっさきにこの財布が浮かびました」

「信頼するブランドなので、デザインは基本的にお任せです。ただ、自分が使っていた財布のジッパーの取っ手部分がプルタブの形で、それが気に入っていたので同じ仕様にしてもらって。オカモトショウというロゴを入れてもらったんですが、これもデザイナーの友人が作ってくれたもの。鏡文字になっていて、OKAMOTO’Sとも読める。友達ながら、天才かって思いましたよ」

「つづいて、アコースティックギターですが、3年前に渋谷の楽器店で購入しました。ギブソンのL-00で、1931年前後のもの。お店の方もはっきりした年代は分からないと言っていました」

弾いた瞬間に「これだ!」とピンときたギブソンのL-00。音の良さが別格だったという(写真撮影:オカモトショウ)

「ギターを作る技術は進化しているし、ビンテージでも30年代より60年代のほうが高性能で人気も高いかもしれない。でも、このギターは僕が尊敬するギタリスト、ロバート・ジョンソンが持っているギターと同じ型。ロバートは、現存する写真はわずか3枚だけという伝説のブルースマン。その貴重な1枚で、これと同型のギターを抱えているんです。好きなアーティストと同じだと思うと、それだけで楽器に対して愛着が湧くし、そのアーティストを好きでいる限りその楽器も好きでいられますからね」

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
運命の出会いだと感じた
MONO TRENDY連載記事一覧