ニコンD6 オートフォーカスの進化に最高機種の誇り

ニコンが4年ぶりに刷新した最上位機種「D6」。公式オンラインストアの販売価格は79万8600円(税込み)

ニコンの最上位機種「D6」が登場した。報道やスポーツ撮影の現場で真価を発揮する、プロフェッショナル向けのデジタル一眼レフだ。撮り逃しが許されない現場で確実にシャッターチャンスをモノにする、「ニコンイズム」が息づくプロ機に仕上がっていた。D6に採用された各種の最先端機能はいずれ下位機種にもおりてくるはずだ。その前に最上位機種の世界を見てみよう。

「D6」は先代モデル「D5」の正常進化モデルだ。35.9×23.9ミリのフルサイズCMOSセンサーは有効2082万画素。画素数は据え置かれたが、画質とデータ量のバランスは程よい。

一方で画像処理エンジンには大きく手が入れられた。その絵作りをコントロールする「EXPEED 6」はホワイトバランスや露出制御、オートフォーカス(AF)、ピクチャーコントロールなどをつかさどり、速報性が求められる報道現場でのレタッチいらずの「撮って出し」納品が可能な高画質を実現した。

CMOSセンサーと「EXPEED 6」の連携により常用感度はISO100~102400(10万2400)で、幅広い感度域で高画質を得られる。また拡張でISO50相当から3280000(328万)相当で、いっそうの低ノイズを達成した。炎天下のビーチバレーから室内プールの競泳まで幅広い被写体をクリーンに捉えられることだろう。

劇的に進化したのがオートフォーカス(AF)周りだ。105点もある高密度のフォーカスポイントは、全点がピント合わせが高速なクロスセンサーで選択可能。構図をずらすことなく、被写体のピントを合わせたい部分にAFでピント合わせができる。しかも一つ一つのフォーカスポイントが縦横3列ずつのトリプルセンサー配列となり「D5」比で約1.6倍の高密度をカバーする。新開発「マルチCAM 37Kオートフォーカスセンサーモジュール」は中央にあるフォーカスポイントでマイナス4.5EV、その他フォーカスポイントでマイナス4EV対応を実現し、薄暗い森での野生動物や、ナイターのピッチを縦横無尽に走り回るサッカープレーヤーなどを確実にフォーカスし続ける。顔や上体などの検出・追尾情報も向上し、光学ファインダー使用時でも人物の瞳を検出して撮影できるなど性能アップした。

もちろん高速連写性能も向上している。AF/AE(自動露出)追従で約14コマ/秒、最大200コマというスペックは、スポーツシーンでの決定的瞬間をキメやすくなるに違いない。さらに静止画ライブビュー時の「サイレント撮影」では約10.5コマ/秒までの高速連続撮影が可能で、動画ライブビュー時では2Mサイズの静止画なら最高約60コマ/秒、8Mサイズの静止画なら最高約30コマ/秒での連続撮影が可能になっている。

使い勝手も良好だ。1桁の型番を持つニコンのハイエンド機らしく光学ファインダーの見えが素晴らしい。オートフォーカス時はもちろん、置きピン時やオールドニッコールレンズ使用時のマニュアルフォーカスまで確実なフォーカシングとフレーミングができるところが気持ちいい。

シャッターフィールも最高だ。切れのいいミラーの動きで、被写体を確実に追いかけながら撮影が可能だ。レリーズタイムラグも少なく、指先のわずかな動きに反応して瞬間を捉えられる。

また電源オフでカメラを構えても、シャッターボタン同軸の電源スイッチで瞬時に撮影に入れるなど、一貫した操作体系を保っているところがニコンのスピリッツを感じさせる。

オートフォーカスエリアの選択も「枯れた」技術のスティック状セレクターを採用、記録メディアもXQDカードを使用し続けており、加えて満を持して「CFexpress/XQDカードデュアルスロット」を搭載するなど、信頼性を重視するメーカーの姿勢が垣間見える。

残念ながら主たる活躍の場である東京オリンピック・パラリンピックは延期となってしまったが、これからスポーツや報道の現場、過酷な環境下でのネイチャー、ワイルドライフ撮影で「D6」は活躍することであろう。

次ページ以降で作例を紹介する。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧