老化につながる毛細血管の「ゴースト化」 何歳から?

日経Gooday

「血管」の健康は、老化や病気のリスクと密接に関わっています。中でも今、大きくクローズアップされているのが「毛細血管」です。(c)Sebastian Kaulitzki-123RF
「血管」の健康は、老化や病気のリスクと密接に関わっています。中でも今、大きくクローズアップされているのが「毛細血管」です。(c)Sebastian Kaulitzki-123RF
日経Gooday(グッデイ)

この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください!

【問題】ここ数年、「毛細血管」が老化や病気に及ぼす影響がクローズアップされるようになりました。毛細血管が傷んで減少し始めると、体の各所で機能が損なわれ、見た目の老化やさまざまな病気につながります。では、毛細血管が減少し始めるのは、一般的に何歳くらいからといわれているでしょうか。

(1)30代
(2)40代
(3)50代
(4)60代
(5)70代

答えは次ページ
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
答えと解説
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント