放つ光でライブの雰囲気 バルミューダ初のスピーカー

バルミューダ初のBluetoothワイヤレススピーカー「BALMUDA The Speaker」

バルミューダ(東京都武蔵野市)という名前を聞けば、トースターや扇風機など、白物家電のブランドを連想する人も多いだろう。そんな同社が2020年6月26日、初のオーディオ製品となる「BALMUDA The Speaker」を発売した。本機はバッテリーを内蔵するポータブル仕様のBluetoothワイヤレススピーカーだが、他社のスピーカーとはひと味違う楽しみ方ができる。6月下旬にバルミューダの直販サイトを確認したところ、初回の予約販売分は完売していた。次回入荷まで2カ月待たなければならないというから、その人気の高さがうかがえる。

現在、国内のポータブル対応ワイヤレススピーカー市場を見渡すと、売れ筋の上位はソニーの他、ハーマンインターナショナル(東京・千代田)が取り扱うJBLブランドの製品がほぼ独占している。オーディオマニアでなくても誰もが聞きなじみのあるブランドのスピーカーですらなかなか2強に割って入れない難しい状況の中で、バルミューダのBluetoothワイヤレススピーカーに勝算はあるのだろうか。

その答えはBALMUDA The Speakerのユニークなスピーカーの機能を知り、その音を体験すれば自然と浮き彫りになってくる。

音楽と光。ライブ演奏の雰囲気を再現するスピーカー

オーディオや楽器用のアンプには、十分な音量を得るため、再生機器や楽器から出力される微小な電気信号を増幅する装置に真空管を使うものがある。BALMUDA The Speakerも一見すると真空管を使ったアンプ一体型スピーカーのようにも見えるが、実は円柱形の有機ガラスきょう体の中に3本そろって並ぶ透明なチューブは、発光ダイオード(LED)のユニットなのだ。

3ピースのロックバンドをイメージしたという3本のLEDユニット。センターのLEDユニットをボーカルに見立てて、“スター”であることを表す星印を付けている
有機ガラス管の中に3本のLEDユニットが格納されている

スマートフォンなどBluetoothに対応するオーディオプレーヤーをペアリングして楽曲再生を始めると、LEDユニットの光が音楽とシンクロしながら瞬きだす。

明滅のパターンは本機に内蔵するDSP(デジタルシグナルプロセッサー)が楽曲の曲調をリアルタイムに解析して、それぞれの楽曲に合わせた光による演出をコントロールしている。ただランダムにLEDユニットを光らせているだけでないのだ。明滅は3つのパターンのプリセットが設けられており、本体背面のボタンで切り替える。

電源をオンにするとLEDユニットが点灯。部屋を暗くするとスターロゴの影が落ちた

最もきらびやかに光る「Beat」はアップテンポなロックやダンスミュージックに最適だ。ほどよい光の瞬き作り出す「Ambient」はジャズピアノやアコースティック楽器によるバンドのセッションなどによく合う。光を一定に落ち着きのあるパターンでゆらめかせる「Candle」を選び、静かなボーカル曲を再生すると、音楽に思わず深くのめり込んでしまう。

3本のLEDユニットの光は鏡面仕上げのパネルに反射して、まるでコンサートホールやライブステージのような華やかな雰囲気を漂わせる。部屋を少し暗くして、お酒のグラスを片手に音楽とじっくり向き合いたくなってくる。

スピーカー背面の「LIGHT」ボタンを押すとビープ音が鳴り、3つの光のパターンのプリセットが切り替わる
「Beat」を選択するとLEDユニットのランプと、その周囲にも配置されているランプが華やかに明滅する

「Candle」を選ぶとLEDユニットがロウソクの光のように穏やかにゆらめく
注目記事
次のページ
力強さと広がりを感じるサウンド
今こそ始める学び特集