東大合格ランキング、40年を振り返り 躍進した学校は特別編(1) 教育ジャーナリスト・おおたとしまさ

灘、開成、桜蔭、ラ・サールが躍進したきっかけ

少なくとも戦後の学制改革から1967年まで、ずっと首位を独占していたのが日比谷である。1964年には193人もの合格者を出していた。現在の開成のようである。その座を初めて奪ったのが意外にも関西にあるだった。

灘が伸びたというよりは、日比谷をはじめとする都立高校の自滅だった。「日比谷一強」を改めるため1967年に東京都が導入した「学校群制度」が裏目に出て、日比谷だけでなく、都立高校全体が不人気になったのだ。

一方、初めて首位を奪ったのが、なぜ関西の灘だったのか。灘は柔道の創始者としても有名な嘉納治五郎がつくった学校。嘉納は長く東京高等師範学校の校長を務めていた人物で、灘には東京高等師範学校出身の教員たちが多くいた。『銀の匙(さじ)』のスローリーディングで有名だった故・橋本武教諭もその一人だ。その教員たちが灘の生徒たちに東京の話をするのである。それで、近くにある京大よりも東大を受ける生徒が増えたのだと考えられる。

1970年代の東大合格者数ランキング首位は、灘、東京教育大学附属駒場(現在の筑駒)、開成が毎年のように入れ替わっていた。しかし1970年代半ばに開成が高校から2クラス分を入学させることにしたことで、1982年以降、開成一強時代へと移行する。その後開成は一度も首位の座を他校に譲っていない。

このことからもわかるように、合格者数ランキングにおいては1学年の生徒数が多いほうが有利に決まっている。例年の卒業生数は、開成約400人、筑駒約160人、灘約220人である。

ならば合格者数を卒業生数で割った合格率でランキングすればいいではないかという意見もあるだろう。しかし、仮に筑駒が突然1学年を400人に増やしたところで、東大合格者数が2.5倍になるかといえばおそらく違う。入学者の学力帯が広がるわけだから、合格率は大きく下がるはずである。よって本記事では実数でのランキングを掲載し、参考として卒業生数を付記した。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
次のページ
戦後トップ10を外れたことのない唯一の学校は?
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら