日経DUAL

忙しいときに子どもが台所に来ると感じる複雑な本音

絵本制作の過程でも、親の心の底にひそむ罪悪感や本音を丁寧にすくい取る作業を行っている。

例えば、子どもが台所に興味を持つと、共働き親としては少し複雑な気持ちになる。うれしい半面、時間のないときに子どもが介入してくると、余計に手間がかかる。料理ができる人になってほしいが、「戦力化」するまでにくじけそうになってしまうのも親の偽らざる本音だ。

「時間に追われているときは、『え、今? 勘弁してよー』となりますよね。同時に、そんなことでイライラすること自体に罪悪感を持ってしまう気持ちも理解できます。だから、子どもがキッチンに興味を持ってやって来たときの親の声かけ例などを紹介した親向けの漫画の付録も作りました」。その名も『子どもがキッチンに来たら読む本』。

親子で一緒に料理をする物語が描かれた絵本も、親の心の声をくんだ内容になっている。「『あー、生のお肉を触った手で目をこすらないで~!』などと親がハラハラすることがありますよね。お肉をママが切っている間に、子どもは海苔(のり)をちぎる、のように、『分担』を描きました。複数人で料理するときは分担したほうが、効率がいいことも伝えたいポイント。絵本に描いてあると子どもはすんなり納得してくれます」。「第三者」である絵本の力は強い。親にとっては助かる細やかさだ。

完成したものは昔ながらの「紙の絵本」に見えるが、マーケッターとしてのキャリアを生かし、消費者の本音を存分に反映している点が、魅力につながっている。

これまで蓄積した膨大なレシピという社内資産

同社にはこれまで蓄積した膨大なレシピという社内資産がある。その数は、国内のレシピ数約320万品、海外のレシピ数約350万品に上る(2019年12月31日時点)。同社は、それらのビッグデータを活用したさまざまな事業を手掛けているが、おりょうりえほん事業でも、一般の家庭でよく使われている食材や料理を調べるのに活用され、絵本の内容を、消費者の現実生活に近づけるのに一役買っている。

一般的な知育本や学習教材と異なり、親にメリットがあるのも特徴だ。例えば大根がテーマの1冊では、部位によって味が異なり、適する料理が違うことなども描かれる。「『カットされてスーパーで販売されている大根はどの部分を買えばよいか分からない』という親の声に応える内容にしました」

2020年1月末に計画していた目標会員数を達成したが、予想外だったのが、解約率の低さだという。その理由について、小宇根さんはこう分析する。「こちらが工夫して伝えたいと思っていることがきちんと伝わっている手応えがあります。例えば、『子どもが嫌いだった大根を食べるようになりました』『スーパーでどの部位を買うか意識するようになりました』などの感想が寄せられています。それぞれの家庭で目に見える変化が起きて、その経験がユーザー満足度につながっているのかなと思います」

(取材・文 小林浩子=日経DUAL編集部)

[日経DUAL 2020年3月13日付の掲載記事を基に再構成]

働くママとパパを支えるWebメディア

『日経DUAL』(日経BP)は、共働きのママパパに向けて、キャリアと子育ての両立に役立つ情報とノウハウをお届けします。無料登録していただくと、会員限定記事をお読みいただけるほか、DUALメールや子どもの年齢別メールをお届け。有料登録していただくと特集や連載をすべてお読みいただけます。さらに、保育園検索や両立の知恵など、様々な特典を受けられます。