女子に人気のカラーペン 筆タッチで手書き文字美しく今旬ときめきステーショナリー

ビジネスシーンでもカラーペンを使う女性が増えている
ビジネスシーンでもカラーペンを使う女性が増えている

昨年から新商品のカラーペンが続々と登場し、ビジネスシーンでもカラーペンを使う女性が増えています。好きなノートとペンを使う箇条書きの手帳術「バレットジャーナル」や勉強を計画する「スタディープランナー」といった自由度が高い手帳術の流行や、西洋の書道と呼ばれる「カリグラフィー」がSNS(交流サイト)を中心にブームになっていることから、自分好みに使えるカラーペンの人気が急上昇。新型コロナウイルスの影響もあり、おうち時間を活用してカラーペンを使い文字や絵を描く人が増えています。そこで今回は仕事とプライベート両方のシーンで使える、おすすめのカラーペンと使い方を紹介します。

淡い発色が魅力 筆ペンタイプのラインマーカー

蛍光ペンは重要な文字をマークすることに使いますが、彩度が高いピンクやイエローといったハッキリとした色合いが主流です。色鮮やかなカラーはしっかりと文字が目立つ半面、発色がよすぎて目がチカチカしてしまった経験はありませんか? そんな悩みを解決するために生まれたのが淡い色のマーカーペンのゼブラ「マイルドライナー」です。2009年の発売以降、累計で5000万本以上を販売する大ヒット商品になっています。

カラーは全15色

そんなマイルドライナーから新しく登場したのが筆ペンタイプの「マイルドライナーブラッシュ」です。穏やかで優しい色合いはそのままに、ペン先が筆ペンになりました。カラーは全15色。3つのテーマ別にした5色セットもあり、好みや目的に合わせて好きな色を選べます。値段は1本150円(税抜き)です。

1本で2つのペン先が使えます

ペン先が筆になっているため、文字に強弱や濃淡をつけて書くことができます。また、1本で筆と極細ペンの2つの使い方ができるようになっているのが特徴です。筆の逆サイドの先端は極細ペンになっていて文字や図を書くのにも便利。この極細ペンはマイルドライナーもありますが、ペン先がさらに細くなっているのがポイントです。

ビジネスシーンではマーキングに活用

一般的なマーカーペンのように資料や本にマーキングするのに便利です。筆タイプの場合は、筆の先端部分だけを使うと細く、筆を寝かせて引くと太い線が引けるため、線に強弱をつけることができます。発色が淡い色合いなので、マークした部分が主張しすぎず目に優しい点が魅力。

おしゃれな手書き文字が簡単に作れるシート

マイルドライナーブラッシュをさらに活用できる、簡単にきれいな手書き文字が描ける「カンタンカリグラフィーシート」をゼブラ公式サイト内で無料配信しています。プリンターで印刷し、紙の上からなぞり書きするだけで写真のような文字が簡単に書けます。おうちで過ごす時間が増えていることから、アクセス数が増加し人気が集まっているコンテンツです。また、ゼブラがインスタグラム内でウェブアンケートを行ったところ「カリグラフィーのことを知ってはいたが書いたことがない」「知っていて書いたこともある」と答えた人が約9割に上りました。カリグラフィーや手書き文字への関心は高く、カラーペン人気が広がることで今後さらに注目を集めそうです。

注目記事
次のページ
細かい文字がしっかり書ける0.4ミリのペン先
今こそ始める学び特集