筋肉維持・手軽・地方発 日経POSでみるヒット食品「日経POSセレクション2020」発表

日本経済新聞社は小売業のPOS(販売時点情報管理)データに基づき、この1年間に売り上げを大きく伸ばした人気商品「日経POSセレクション2020」を発表した。特に消費者の支持を集めた「プレミアム賞」の10商品や「ゴールド賞」50商品、「セレクション賞」のそれぞれで、筋肉量の維持をうたった商品や、調理の手軽さや健康に良い地方発の商品などが名を連ねた。

高タンパク、世代超えニーズ

紀文食品「マリーン3パック」

「筋肉貯金」「筋肉体操」など筋肉にまつわる言葉を日々、耳にするようになった。そんな中、注目された商品がカニカマだ。テレビの情報番組で高タンパク食材として取り上げられると、売り上げが急増。ゴールド賞の紀文食品「マリーン3パック」は小分けになっている使いやすさも相まって人気となったようだ。

筋肉というとアスリートなど特別な人向けの印象が強いが、筋肉量の維持が転倒や骨折防止にも有効だとの認識が広がり、幅広い世代への需要につながっているようだ。

ダノンジャパン「ダノンオイコス」(写真は現在の商品)

セレクション賞のダノンジャパン「ダノンオイコス」は昨年、タンパク質を軸にブランドをリニューアル、パッケージもヨーグルトには珍しいスポーティーな黒に刷新し、売り上げを伸ばした。マラソン大会の協賛やSNSの活用でスポーツを楽しむ層への認知を広げている。4月には全アイテムでタンパク質を10グラム以上に増やし、プロテイン路線を加速している。

日常的に、より自然に手軽にタンパク質を摂取したいというニーズは高まっている。既存商品でも高タンパクを前面に出す商品は増えそうだ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
調理の手軽さで全国区
MONO TRENDY連載記事一覧