powered by 大人のレストランガイド

コロナ禍にめげず 熱き思いで開店した首都圏注目2店

麺創庵砂田は今年4月、東京・巣鴨の地にオープンした
麺創庵砂田は今年4月、東京・巣鴨の地にオープンした

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除で、首都圏でも休業していたラーメン店が営業を再開した。とはいえ営業時間の短縮や席間距離の確保、入店時のアルコール消毒などの対策付きで、食べ手の側もひたすら食べることに集中を強いられ、いまだコロナ禍の残滓が色濃く残る。

新型コロナの脅威にさらされる中、新規開業を果たした店も少なくない。「こんなご時世だからこそ、腕によりをかけて創る1杯を食べてほしい」。作り手側の熱い思いが直に伝わってくるようでもある。だからこそ今回は首都圏に最近、オープンした新店の注目処を2軒厳選し、紹介したい。「新しい生活様式」を守りつつ、折を見て足を運んでみてほしい。

◆麺創庵砂田【東京都:庚申塚】

齢50過ぎにしてラーメン職人の道に。繰り出すのは円熟味溢れる白河ラーメン!

プルンとした食感は申し分なく、そのクオリティは、オープンしたばかりの店とは思えない

まずは本年4月30日に東京・巣鴨の地にオープンした『麺創庵砂田』。

同店の店主、砂田裕史氏は、日本を代表するラーメンコンサルタントのひとり、渡辺樹庵氏率いる『渡なべスタイル』の下で2年間修業し、満を持して独立した人物。

驚かされるのが、齢50を過ぎてから脱サラし、ラーメン職人へと転身を果たしたことである。50歳と言えば、中国の古典『論語』では「知命」と呼ばれ、「50にして天命を知る(50歳になって初めて、自分の人生についての天命が何かを悟る)」とされた年齢だ。

修業を経て、庚申塚駅からもほど近い地に店をオープンする際に「ようやくスタート地点に立てた」と述懐した砂田店主。「お客さんに何度も来店してもらえるような、地域に根付いた店になれるようラーメン職人として研鑽を重ねたい」。そう語る店主の生き様は、「スタート地点」が「新たな人生のスタート地点」という意味だとすれば、まさに「50にして天命を知る」という言葉どおりのものだ。

店主が手掛ける麺メニューは、「中華そば」とそれにワンタンを添えた「ワンタン麺」の2種類。福島県のご当地ラーメン「白河ラーメン」へのリスペクトが高じ、ラーメンの提供ジャンルを白河ラーメンに決定したという。

麺メニューは「中華そば」とそれにワンタンを添えた「ワンタン麺」の2種類

提供される1杯は、本場での修業経験がないとは信じられないほどの本格派だ。

スープは厳正な温度管理の下、名古屋コーチン・博多地鶏などの銘柄鶏のガラ・モミジを丁寧に炊き上げることで、万人の鼻腔(びくう)を歓喜へと導く芳香を演出。さらに豚ゲンコツ・背ガラ等を駆使し、鶏をどっしりと支える「コク」の土台を構築するとともに、うま味の相乗効果を図るため、コンブなどの乾物を効果的に活用した試行錯誤のたまものだ。

華やぎのある香りが印象深い鶏油の介添えも相まって、一度手を付けたら最後、レンゲを持つ手がとまらない味わいの演出に成功している。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト