「異素材」を取り入れて、着映えを奥行き深く

ニットを投入して、気負いを遠ざけたコーデに整えました

ベーシックな色だからこそ、ベージュには多彩な「味付け」が可能です。穏やかなトーンを際立たせるには、つややかな生地とのマッチングが効果的。上下で異なる質感のウエアを引き合わせれば、表情に深みのある着映えに仕上がります。

光沢を帯びた、シャンパンカラーのプリーツスカートが装いを華やがせました。ベージュのニットトップスとは、風合いやつやが大きく異なるから、互いを引き立て合うコンビネーションに。同素材のスカーフを首元に迎えれば、相乗効果が生まれます。メタリックのミニバッグとパンプスでさらにあでやかさを高めて。リラックス感のあるニットがいっそう引き立つ仕掛けです。

白シャツ1枚の装いに、ポンチョが表情を上乗せ

小物類をベージュルックに取り入れる選択肢もあります。汗ばむ季節でも、エアコンの加減で、温度が気になりがち。スカーフやストールは着脱が簡単だから、温度調節に便利です。カラーが近くても、使い方が異なるので、装いに動きが加わります。

ハイウエストのパンツは、足首に向かって細くなるシルエットがレッグラインをすっきり見せてくれます。さらに、ポンチョを肩から垂らして、「落ち感」をプラス。長いフリンジ(房飾り)状になっているので、リズムが加わりました。ざっくりした編み地が涼しげで、素朴感やのどかさを帯びています。ポンチョのほかに、大判スカーフやストールも、このように広げてまとうと、ジャケットのように「着る」ことができて、白シャツに重ねるレイヤードを組み立てられます。

次のページ
「レザー小物」で全体のトーンを引き締め