powered by 大人のレストランガイド

風雲児・猿田彦の原点回帰 「接客の15秒」磨き抜く

ブームの追い風をいっぱいに受けて疾走する、コーヒー業界の風雲児――。

猿田彦珈琲(東京・渋谷)を率いる大塚朝之さんには、そんなイメージがつきまとう。元俳優という異色の経歴。2011年に1号店(恵比寿本店)を開業したのは29歳の時だ。主力商品は生産履歴が明確で風味の豊かなスペシャルティコーヒー。3年後には大手缶コーヒーメーカーの商品監修を担う。スタイリッシュな店舗やベーカリー併設の新型店などを次々と首都圏に開き、台湾にも進出。日本で6年ほど続く第3次コーヒーブームの若き旗手として熱い視線を浴び続けた。

そこに突如ふりかかったコロナショック。今年3月には東京・原宿駅の新駅舎に「The Bridge原宿駅店」を開業し、ウイスキー樽に豆を寝かせて大人の香りをまとわせた「バレルエイジドコーヒー」が話題を呼んだばかり。同店を含む国内15店は一時休業や持ち帰り・物販のみの営業を余儀なくされた。

今年3月21日に開業したThe Bridge原宿駅店は東京23区内で初の大型店舗。この店でのみ提供する高級コーヒーの商品ラインもそろえた

成長のビジョンが大きく狂ったのでは? そんな問いに、大塚さんはこんな言葉を返した。

「確かに資金など心配な面はあるけれど、実はホッとしたところもあるんです。これでいったん、立ち止まれる、と」

安堵は不安の裏返しだ。仲間が増え、周囲の期待も膨らみ、「成長は必須」と突っ走り続けてきた陰で、創業の理念や猿田彦本来の強みが揺らぎ始めている。そんな不安を抱えていたのだという。

「もともとウチは従業員の絆が強く、それが成長の要因でした。でもここ数年、皆の意識がまとまりに欠けていると感じた。小さな派閥ができたりして僕の言葉が通じにくくなった部分もあった。そこで昨年から体質改善に取り組み始めたんですが、コロナを機に従業員の再教育を集中的に行うことにしたんです」

猿田彦はコーヒーそのものの品質に加え、明るくフレンドリーな顧客対応に定評がある。初めての客にも、店の前を行く常連客にも、気さくに声をかけて会話する。そんな会社と店の空気感を一言で表現すれば「ホーム」あるいは「ファミリー」だろう。家族のような絆で結ばれた従業員が、家族同然のホスピタリティーを顧客に提供する。創業時に定めたコンセプト「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」の本質がここにある。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
次のページ
コロナ後見据えホスピタリティーに磨き
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト