ディズニーCEOの原則とは 日経読書面今週の5冊2020年6月6日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

ディズニーCEOが実践する10の原則 ロバート・アイガー著

>>日経電子版で書評を読む 「日自分を見失わず革新に挑む」

原題=THE RIDE OF A LIFETIME (関美和訳、早川書房・2100円) ▼著者は51年生まれ。米ABCテレビからウォルト・ディズニー・カンパニー社長、CEO。現在は会長を務める。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


「勤労青年」の教養文化史 福間良明著

>>日経電子版で書評を読む 「知の渇望 草の根側から照射」

(岩波新書・900円) ふくま・よしあき 69年熊本市生まれ。立命館大教授。著書に『「戦跡」の戦後史』『「働く青年」と教養の戦後史』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


タイタン 野崎まど著

>>日経電子版で書評を読む 「高度AIが問う「仕事」の本質」

(講談社・1800円) のざき・まど 作家。09年『[映]アムリタ』でデビュー。著書に『パーフェクトフレンド』『HELLO WORLD』『バビロン』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


故郷喪失の時代 小林敏明著

>>日経電子版で書評を読む 「近代巡る魅力的で困難な問い」

(文芸春秋・2300円) こばやし・としあき 48年岐阜県生まれ。96年ベルリン自由大学哲学博士。『西田幾多郎の憂鬱』『柄谷行人論』など著書多数。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


失われたいくつかの物の目録 ユーディット・シャランスキー著

>>日経電子版で書評を読む 「喪失の細部に分け入る物語」

(細井直子訳、河出書房新社・2900円) ▼著者は旧東ドイツ生まれの作家・ブックデザイナー。作品は20カ国以上で翻訳されている。ベルリン在住。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています