powered by 大人のレストランガイド

夏に合うソーヴィニヨン・ブラン 産地別のオススメはエンジョイ・ワイン(27)

ソーヴィニヨン・ブラン種から造られる白ワインは冷涼感やスカッとした気分を味わえる
ソーヴィニヨン・ブラン種から造られる白ワインは冷涼感やスカッとした気分を味わえる

蒸し暑い夏がやってきた。そんな季節におすすめなのが、ソーヴィニヨン・ブラン種から造られる白ワイン。豊かなハーブや柑橘(かんきつ)系果物の香りに加え、さわやかな酸味が特徴で、冷涼感やスカッとした気分を味わえる。産地によって微妙に個性が違うので、飲み比べても面白い。世界の主な産地と、各産地の個性を備えたお手ごろな1本を紹介しよう。

ソーヴィニヨン・ブランの最大の特徴は何といっても豊かな香り。グラスに顔を近づけただけで、みずみずしい果物や生のハーブの香りが漂ってくる。香りの強い品種はアロマティック系と呼ばれるが、ソーヴィニヨン・ブランはその代表格だ。

赤ワインの人気品種、カベルネ・ソーヴィニョンと名前が似ているが、それもそのはず。カベルネ・ソーヴィニヨンは、ソーヴィニヨン・ブランとカベルネ・フランが自然交配してできた品種だからだ。赤と白の違いはあるが、香りに生ハーブやグリーンペッパーをかじった時のようなグリーンのニュアンスを感じるところは共通している。

フランスが原産地とされ、ボルドー地方とロワール地方が主産地だ。今はニュージーランドや米カリフォルニア州、チリなど世界の主要なワイン産地で栽培されており、白ワインではシャルドネに次いで人気がある。ワインの酸味が苦手という人が多い日本ではシャルドネの陰に隠れてしまっている感もあるが、ワイン愛好家の間では夏の定番ワインの1つになっている。

仏ロワール地方

ワインは一般に、涼しい気候の産地ほど酸味が強い傾向がある。ロワール地方は北半球の産地で見ると、かなり北に位置するため、ワインも酸味が豊かだ。ただ、飲んだ時にどれくらい酸味を感じるかは、果実味とのバランスにもよる。果実の凝縮した甘さがあれば、酸の量が多くても、ただ酸っぱいだけのワインにはならない。ロワールは伝統的な高級ワイン産地だけに、味わいのバランスが優れている。

ソーヴィニヨン・ブランらしい青々とした若草が入り交じる「ドメーヌ・ミショー トゥーレーヌ」

難点は総じて値段が高いことだが、探せば比較的入手しやすい価格帯のものもある。ワインショップ・カーヴドリラックス(東京・港)の別府岳則さんのおすすめが、「ドメーヌ・ミショー トゥーレーヌ」(カーヴドリラックス小売価格1700円)。「よく熟したグレープフルーツやパッションフルーツの香りに、ソーヴィニヨン・ブランらしい青々とした若草が入り交じる。厚みはしっかりあり、塩っぽさを感じるようなうま味と酸味が味わいを引き締めている」(別府さん)。料理は、柑橘を使ったサラダ、スモークサーモン、ボイルした鶏肉などが合うという。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト