powered by 大人のレストランガイド

ロールケーキに小豆 和いかす仏洋菓子 東京・人形町

2020/6/15
人気メニューの「ショートケーキ」
人気メニューの「ショートケーキ」

江戸時代に「江戸歌舞伎発祥の地」として栄えた東京・人形町は今でも下町情緒あふれる街並み。安産祈願として有名な「水天宮」を中心に、数々の神社が集まっているのも街の特徴だろう。そんな街に2018年12月、フランス洋菓子店がオープンした。店名は「たがやす 人形町店」という。東京メトロ・人形町駅または水天宮前駅から徒歩3分ほどの場所にあり、「水天宮」からも徒歩約4分とアクセス良好のエリアにある。

Summary
1.下町情緒あふれる東京・人形町にある和の要素を取り入れたフランス洋菓子店
2.「ザ・リッツ・カールトン大阪」などで修業を積んだパティシエのスイーツ
3.国産原料にこだわった「ショートケーキ」が人気

街の雰囲気に合わせ、洋風な店内にのれんを設置するなど、随所に和のテイストを取り入れている。

同店では名門ホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」などをはじめ、レストランパティシエとして30年以上の経歴を持つ中根一さんがチーフパティシエを、メニュー構想にはフランスの「Un Dimanche a Paris(アン・ディマンシュ・ア・パリ)」などパリ市内でパティシエをしていた松下悟史さんが務める。

メニューにも人形町らしく、和のテイストを取り入れている。

「ショートケーキ」の原料は国産にこだわり、きび砂糖を使用している

人気メニューは「ショートケーキ」。原料を国産にこだわったひと品だ。砂糖にはきび砂糖を使用している。

ずっしりとふわふわの間である「ふんわり食感」の生地は口当たりなめらか。それでいてお値段はお手ごろなのもうれしい。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト