「若草物語」プロデューサー 映画で問う女性の生き方恋する映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』

新型コロナウイルスの影響で自粛が余儀なくされた映画館での映画観賞。ようやく全国で非常事態宣言が解除され、待機となっていた新作の封切りも再開した。ハリウッド作品のなかでもいち早く公開を決めたのが『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(6月12日から全国順次ロードショー)。今年のアカデミー賞レースでも注目を集めていた作品だ。本作の製作を指揮したプロデューサーのエイミー・パスカルに、本作の見どころや日本の働く女性たちに伝えたい思いを語ってもらった。併せて映画館での感染対策について、TOHOシネマズ担当者の話を紹介する。

◇  ◇  ◇


現代に通じる問題は誰もが共感できる

原作である「若草物語」の舞台は、南北戦争時代の米マサチューセッツ州ボストン。メグ、ジョー、ベス、エイミーのマーチ家四姉妹が、出征している父親を待つ間、堅実な母親のもとでつつましく、そしてたくましく生きていく様子が描かれている。これまでに映画やテレビ、舞台など、さまざまな形で脚色されている不朽の名作だ。150年以上も世界中で愛され続けているが、いまの時代に改めて映画化した裏側には、ある思いがあったとエイミー・パスカルはいう。

「監督であるグレタ・ガーウィグの才能にほれ込んでいたからというのもありますが、何よりも彼女の解釈はモダンで、いまも多くの人たちが共感できるようなものになると確信したからです。日本ではアニメにもなりましたが、このようなテーマの作品は数少ないので、それをグレタの視点で新しく描くのであれば、ふたたび映画にする価値はあると思いました」

今回は、作家になるという夢に向かって一途に走り続ける次女ジョーの視点で描かれていることもあり、彼女が口にする仕事に対する考え方や結婚観は、いまの働く女性なら誰もが共感してしまうほど、時を超えて私たちの心に響く。

「グレタがこの小説のなかで特に注目していたのは、女性の経済的な自由について描かれていること。女性が金銭的に余裕のない状況に置かれることはかつてもありましたし、いまでも続いていることですからね。だからこそ、そういったことを映画で描くのは、すごく興味深いと感じたのです。そのほかにも、この作品の側面にあるのは、女性が愛と野心を同時に持つことの難しさとそれに対してどう向き合っていくのかということ。実際、どちらかしか手に入らないことが多いというのも、現代に通じる課題ですよね」

結婚によって生まれる葛藤やキャリアを追求するからこその苦悩など、困難な時代のなかでそれぞれに異なる思いを抱えるマーチ家の姉妹たち。それでも自分らしく生きることを貫こうとする姿は、どんなときでも前に進むことの大切さを教え、たくさんの勇気を与えながら私たちの背中を力強く押してくれる。

エイミー・パスカル(写真左)。映画『スパイダーマン』シリーズをはじめ、『007/カジノ・ロワイヤル』や『ダ・ヴィンチ・コード』といった数々の大ヒット作に携わってきた敏腕女性プロデューサー。20世紀フォックスのバイスプレジデント、ソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)共同会長などを務めた。映画業界で輝かしいキャリアを築き、フォーブス誌の「最もパワフルな女性100人」の常連としても知られている。本名のエイミー・ベス・パスカルは、「若草物語」から取られた名前でもある
注目記事
次のページ
女性たちの才能が結集して生まれた傑作