ライブ体験変える5G マルチアングルやVRで臨場感

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

次世代の通信規格「5G(ファイブジー)」サービスが日本でもスタートした。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯キャリア3社が、2020年3月25日から順次開始。新規参入を果たした携帯キャリアサービス・楽天モバイルも6月から開始する予定だ。実際にサービスが始まったことで、5Gという単語が改めて世間から大きな注目を集めている。

次世代通信規格「5G」が普及すると、エンタテインメントのサービスは大きく変わると考えられる

通信だけでなく、ゲームや動画配信、音楽再生など、今や最も重要なエンタテインメント・プラットフォームの1つとなったスマートフォンに関わる規格だけに、5Gで何が変わるのか、気になっている人も多いだろう。

第5世代のケータイ通信規格

そもそも5Gは「5th Generation」の略称だ。第5世代のモバイル通信規格を示す。携帯電話の通信規格は約10年ごとに新規格への入れ替えが進められており、現在主流の「4G」に代わる通信方式として、5Gへの移行が進められようとしている。海外の一部の国では19年からサービスが始まっており、日本でも20年に商用サービスが開始された。

5Gが注目を集めているのは、単なる携帯電話通信にとどまらないポテンシャルを有しているからだ。5Gが普及することで、自動運転の実現や遠隔手術、都市のスマート化などが実現すると考えられている。社会全体を支えるインフラとなる可能性を秘めているのだ。

従来の規格に比べて、5Gは何が優れているのか。

『60分でわかる! 5Gビジネス 最前線』(技術評論社)などの著書もある携帯電話・モバイル専門ライターの佐野正弘氏によると、5Gの特徴は大きく分けて「高速大容量通信」「超低遅延」「多数同時接続」の3点だという。

一般的に知られているのは、4Gより10~20倍通信速度が速いという高速大容量通信だろう。これにより、2時間の映像を数秒でダウンロードできるようになるといわれている。外出先でも映画1本がすぐにダウンロードできるわけだ。

ただ佐野氏によると、5Gが注目を集めるのは、他の2点によるところが大きいという。

「ネットワークの低遅延は、自動運転や遠隔の手術を実現させる技術として注目されています。多数同時接続が普及することで都市のスマート化や工場のスマート化が実現に近づくと考えられており、こちらもさまざまな業界から期待が寄せられています」

大容量通信が配信を変える

5Gはエンタテインメントにも影響を及ぼすと考えられている。

ここでも一番分かりやすいのが高速大容量通信だろう。Wi-Fiのない場所でも、データ量の大きい動画コンテンツを気軽に楽しめるようになる。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
5G活用の新型ライブも
エンタメ!連載記事一覧