日中交渉の知られざる人脈 日経読書面今週の5冊2020年5月30日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

佐藤栄作 最後の密使 宮川徹志著

>>日経電子版で書評を読む 「日中交渉の知られざる人脈」

(吉田書店・2900円) みやがわ・てつじ 70年生まれ。NHKチーフ・ディレクター。NHKスペシャルなどの報道番組を制作。主な番組に「日本人と天皇」など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


人体は流転する ギャヴィン・フランシス著

>>日経電子版で書評を読む 「医師の文才 読者を異世界に」

原題=SHAPESHIFTERS(鎌田彷月訳、みすず書房・3400円) ▼著者は英エディンバラ在住の医師、作家。邦訳書に『人体の冒険者たち』。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


配膳さんという仕事 笠井一子著

>>日経電子版で書評を読む 「京特有の職 料亭文化支える」

(平凡社・2200円) かさい・かずこ 広島県生まれ。フリーランスのライター。道具や職人、生活文化の記事を執筆。著書に『プロが選んだ調理道具』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


シャドウ・ウォー ジム・スキアット著

>>日経電子版で書評を読む 「米弱体化狙う中ロの巧妙さ」

原題=THE SHADOW WAR(小金輝彦訳、原書房・2400円) ▼著者は米エール大卒。CNNの国家安全保障担当主任記者。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています


おおきな森 古川日出男著

>>日経電子版で書評を読む 「文学を辿り世界の闇と対峙」

(講談社・4000円) ふるかわ・ひでお 66年福島県生まれ。著書に『アラビアの夜の種族』『聖家族』『女たち三百人の裏切りの書』など。 ※書籍の価格は税抜きで表記しています