何の話? 日本人が意味を取り損ねる文頭のTalk aboutデイビッド・セイン「間違えやすい英語・聞き手編」(51)talk

相手が話した英語を誤解して受け取ってしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんは「日本人が聞き手として勘違いしやすい英語表現がある」と言います。今回は「話す」という意味のtalkを使ったフレーズについて学びましょう。

◇  ◇  ◇

同僚のスティーブが意気揚々とパソコンの画面を見ているなと思ったら、ユウカに興奮した様子で話しかけてきました。先月社運をかけて発売した会社の新製品の売り上げが、どうやら好調のようです。ユウカやスティーブのチームも、一丸となって営業活動に取り組んでいたため、喜びもひとしおです。ユウカもそれに対して感想を述べたのですが、それを受けてのスティーブのひと言に首をかしげてしまいます……。

それはこんな会話でした。

Steve: Did you see the new product sales report for this month?
Yuka: No, I haven't seen it yet.
Steve: The sales numbers suddenly jumped to the number one spot in the country.
Yuka: Wow, for real? Well, it was a make-or-break product.
Steve: If we compare the numbers to this same time last year, we sold at least five times more.
Yuka: That's wonderful!
Steve: Yeah. Talk about a big hit!
Yuka: Hm, do you want to have a meeting about last month's new product?
Steve: No, we won't have a meeting.
Yuka: Okay, what hit are you talking about?
Steve: Like I said, the one we started selling last month.

日本語に置き換えてみると次のようになります。

スティーブ:今月の新製品の売り上げみた?
ユウカ:まだ見てないわ。
スティーブ:売り上げが一気に全国で1位だよ。
ユウカ:え?本当?社運をかけた製品だものね!
スティーブ:去年の同じ時期の既存製品に比べてなんと5倍の売り上げ。
ユウカ:すごいじゃない!
スティーブ:だよね! ヒット商品とはまさにこのことだね。
ユウカ:え? 先月出た新製品についてミーティングするの?
スティーブ:いや、会議はしないよ。
ユウカ:じゃあ、なんのヒット商品のこと?
スティーブ:だから、うちの会社の先月発売した……

上の対話は、新製品の売り上げを見て喜び合っているユウカとスティーブの会話です。ユウカもうれしい気持ちを伝えたのですが、返ってきたスティーブのひとことに戸惑います。ユウカもスティーブも同じ新製品について話していたつもりだったのですが、誤解が生じてしまったようですね。

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら