気づいたことと挑戦したこと 巣ごもり生活1000人調査

コロナ禍で長く続いた巣ごもり生活。普段の生活をじっくり見つめ直す機会になったのでは。1000人に気づきと挑戦したことを聞いてみた。

気づいたこと

■1位 お金がかからない 256人

「外食」と「交通費」が減るだけで出費がかなり違うと驚く回答が多かった。「1万円以下に収まった交際費」(35歳男性)、「家族の外食が減るだけで月3万円以上違う」(56歳男性)。消費生活アドバイザーの永沢裕美子さんは「家計の不要不急のコト・モノを見極める機会となったのでは」と指摘する。

趣味への出費を見直した人もいた。「バンド活動自粛で様々なお金が浮いた」(67歳男性)、「ライブに行かないとこんなにお金がたまる」(49歳女性)

緊急事態宣言は解除されたが、当面は自宅で過ごす日々が続きそう。永沢さんは「自分の使うお金が社会でどう巡り、誰に仕事を提供できるか想像しよう」とアドバイスする。お金の無駄遣いを抑えつつ、経済を支えたい。

■2位 自宅に不要品が多い 252人

家族全員が家の中で一日過ごすと困るのが、互いの生活スペース確保だ。「『これ何だっけ?』と思う物ばかり」(58歳男性)など、あふれる物を再考する時間になったようだ。不用品を処分して生活空間を見直す場合、収納はやみくもにつくらない。東京ガス都市生活研究所の小泉貴子統括研究員は「広さより、設置場所とわかりやすさを重視しよう」と話す。

「亡くなった祖父母の手つかずの部屋」(60歳女性)、「子どもが幼いころの服」(52歳女性)など、捨てるに忍びないものもある。整理収納アドバイザーのtakaさんは「思い出の品は箱一つ分など制限を設けて」と勧める。処分する物は撮影してデータに保存しよう。

■3位 活動量が減り、食生活の見直し必要 142人

巣ごもり中は他人の目に触れる機会がなく、体形への注意が緩みがち。四六時中顔を合わせる家族も体形の変化に気づかない場合がある。「体重計に気づかされた」との回答が多かった。「通勤がちょっとした運動」(29歳女性)、「通学で使う自転車」(23歳男性)と、日常的な移動が体形維持に一役買っていた。

「手軽な炭水化物の昼食ばかりで、糖質を摂り過ぎた」(34歳女性)という反省も。池谷医院の池谷敏郎院長は「コロナ太りの一因はストレス」と指摘。朝食にトマトやバナナを取ることを勧める。ミキサーでジュースにすると飲みやすい。ストレス解消効果があるとされる成分GABAが含まれ腹持ちもよい。

■4位 家族のリスクマネジメント能力 131人

コロナウイルスとの戦いでは、家族はいわばチーム。「夫が手洗いと消毒に意外と大真面目」(67歳女性)、「感染予防のルールを徹底してくれた」(61歳女性)と、家族の姿に意外な一面を発見した体験が寄せられた。「コロナ離婚」といわれるが、共闘した配偶者を見直して絆が深まった家族も多そうだ。「毎年、花粉症対策にマスクを備蓄。品切れでも困らなかった」(38歳男性)と、事前の備えが予期せぬ結果につながった人も。

■5位 家族一緒の食事の楽しさ 120人

普段は生活リズムの違いで「家族そろって」が意外と難しいのが食事だ。「みんなそろっての食生活は子どもには貴重な経験。コロナ禍がなければ一生なかったかも」(41歳女性)。巣ごもり時間で家族の思い出が増えたようだ。「よほどうれしかったのか、保育園児の息子が好き嫌いせず食べるように」(32歳女性)と、子どもの成長につながる場面も。男性は30代、女性は10~20代と子育て世代や実家で暮らす若年層の回答が多かった。

■6位 衛生に気を配り風邪引かず 110人

コロナ対策にマスク着用や手洗い・消毒の徹底が功を奏した実感を持つ人が多かった。「いつも引く風邪にかからず済んだ」(71歳男性)、「家族全員がインフルエンザを回避」(45歳女性)。コロナに負けない体をつくるべく、衛生面と併せて食生活を見直した人も。「栄養バランスを整えたら、減量もでき一石二鳥」(28歳男性)

■7位 レトルトや保存食がおいしい 80人

「3食自炊だと大変」(57歳男性)な巣ごもり生活。手軽に腹を満たせるのがレトルト食品だ。「種類の豊富さに驚き」(23歳男性)など、カレーが食卓の強い味方となった。安価なレトルトも工夫次第。「袋から出して、アルコールを飛ばしたみりん大さじ2杯と一緒にフライパンで温めると味わいがよくなる」(スパイス料理研究家の一条もんこさん)

■8位 長い通勤は体力消耗が激しい 75人
■9位 家事上手な家族のありがたみ 66人
■10位 集中して何か作る楽しさ 64人
注目記事
次のページ
挑戦したこと