リーズナブルながら細部まで手抜かりなし

ジェイミス「レネゲード A1」 9万9800円(税別)

10万円を切る手ごろな価格ながら車重10.8キロと軽量な車体が特徴。アルミ製のフロントフォークやダウンチューブの裏側にもアクセサリーを装着するためのマウントを設置。自転車各部に荷物を分散して搭載する近年流行のバイクパッキングスタイルのツーリングにも対応できる。フレームサイズが小さなモデルは700Cサイズよりも直径のやや小さな650Bタイヤを標準装備してバランスを調整するなど、細部まで手を抜かない良心的な一台。

(仕様)
フレーム:アルミ
フォーク:アルミ
変速機:シマノ・クラリス 2×8速
タイヤサイズ:650 x 36c (44-48センチサイズ)、700 x 36c (51-61センチサイズ)
サイズ:44センチ、48センチ、51センチ、54センチ、56センチ、58センチ、61センチ(Ano Blackのみ)

MTBに近い足回りを備えたモデル

マジィ「ジラモンド27.5」 14万9000円(税別)

タフなクロモリ製のフレーム&フォークに27.5インチのMTB(マウンテンバイク)用ブロックタイヤを組み合わせたアドベンチャー色の強いモデル。ギア比もMTB並みにワイドな設定となっているので、シティーライドからアップダウンの激しい日本のトレイル(山道)まで、幅広いシチュエーションに対応する。フレームやフォークの各部にアクセサリー用のマウントを多数装備しており、長距離ツーリング用へのカスタマイズも容易だ。変速はハンドルバー先端のサムシフターで行う。

(仕様)
フレーム:クロモリ
フォーク:クロモリ
変速機:シマノ・デオーレ 3×10速
タイヤサイズ:27.5×2.1
サイズ:45.5センチ(XS)、47.5センチ(S)

安定性に優れ、ツーリングにも向く

フェルト「ブローム60」11万8000円(税別)

トライアスロン競技やロード競技ではおなじみのブランド、フェルトによるグラベルバイク。同ブランドのロードバイクと比べ、強度がアップされたフレームはリアセンター(クランクの中心部分から後輪中心までの距離)を長めに設計し、重い荷物を搭載しても安定した走行を可能としている。リアキャリアや泥よけのほか、ボトルケージなどのアクセサリーを装着するためのマウントも多数設けられている。タイヤサイズは700×40Cとやや太めで、最大700×45Cまでのサイズを装着できる。

(仕様)
フレーム:アルミ
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・クラリス 2×8速
タイヤサイズ:700×40C
サイズ:47センチ、51センチ、54センチ、56センチ

タフなクロモリフレーム&フォークを採用

アラヤ「マディフォックス CXG」10万円(税別)

80年代末からロードバイクとMTBの要素をミックスした製品をラインアップする日本のアラヤ。丈夫なクロモリフレーム&フォークに操縦安定性を高める「ハの字」に曲がったフレアドロップハンドルバーを装備するなど、荒れた砂利道もしっかり走れるパッケージングを採用する1台。フロントフォークとダウンチューブ裏にアクセサリーを装着するためのマウントも装備する。

(仕様)
フレーム:クロモリ
フォーク:クロモリ
変速機:シマノ・クラリス 2×8速
タイヤサイズ:700×35C
サイズ:46センチ、50センチ、54センチ

(ライター 佐藤旅宇)

MONO TRENDY連載記事一覧