北欧にカンガルー並の驚き 新種タツノオトシゴ発見

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

新種のピグミーシーホース「Hippocampus nalu」。大きさは2センチほど、周囲の藻類と砂に溶け込んでいるところを発見された(PHOTOGRAPH BY RICHARD SMITH)

南アフリカの荒々しい海で、タツノオトシゴの新種が発見された。「ピグミーシーホース」と呼ばれる極小タツノオトシゴの仲間だ。

これは意外な発見だった。これまでに知られているピグミーシーホースはすべて、アジア太平洋海域に暮らしているからだ。1種が日本で見つかっているほかは、7種すべてが東南アジアからオーストラリアにかけての「コーラル・トライアングル」と呼ばれる海域に生息している。今回見つかったピグミーシーホースは、そこからおよそ8000キロも離れた海に暮らしおり、インド洋やアフリカの近海では初めての発見となる。

「ノルウェーでカンガルーを発見したようなものです」と、この研究に参加した英国の海洋生物学者リチャード・スミス氏は語る。この新種は「Hippocampus nalu」と名付けられ、2020年5月19日付で学術誌「ZooKeys」に発表された。英語では発見地にちなみ、「アフリカン・ピグミーシーホース」や「ソドワナベイ・ピグミーシーホース」と呼ばれている。ソドワナ湾は、南アフリカとモザンビークの国境に近い人気のダイビングスポットだ。

今回の新種は、ほかのピグミーシーホースと似ているが、背中にある一対のトゲが先端までとがっているのが特徴と、米カリフォルニア科学アカデミーとオーストラリア博物館の魚類学者で、論文を執筆したグレアム・ショート氏は言う。類似のピグミーシーホースは同じくトゲをもつが、先端がとがっていない。

「トゲの用途は不明です」とショート氏。「タツノオトシゴの仲間にはトゲをもつものが多いですが、これは性選択にかかわっている、つまりメスはトゲをもつオスを好むのかもしれません」

今回の驚くべき発見は、私たちが海について、なかでも小さな海洋生物についてほとんど知らないこと、今後もピグミーシーホースの新種が次々と発見される可能性が高いことを示唆している。

「海からの贈り物」

17年、ダイビングインストラクターのサバンナ・ナル・オリビエ氏がソドワナ湾で小さな藻類を調べていたとき、小さなタツノオトシゴに遭遇した。ソドワナ湾は希少な魚やサメ、ウミガメが数多く生息することで知られる。

オリビエ氏が小さなタツノオトシゴの写真を同僚たちと共有したところ、2018年にはスミス氏の目に留まり、スミス氏と同僚のロウ・クラーセンス氏は水深約12~17メートルの海でこの生き物の標本を採取することに成功した。

注目記事
次のページ
独特の身体構造
今こそ始める学び特集