ハンモック構造にスティック型も 小銭入れ個性派3選キャッシュレス時代のミニ財布(下)

スマホ決済の普及や、ビジネスリュックを用いる人が増えたことで、財布の昨今のトレンドは「ミニ財布」に。パンツのポケットに入れても邪魔になりにくいコンパクトな財布に注目が集まっている。そこで今回は、種類別に3回に分けて紹介する。

第3回となる今回は、カードケースと合わせて持ちたい小銭入れを取り上げる。使いやすさにこだわった技ありデザインに注目してほしい。

小銭がひと目でわかるコインキャッチャー

ボクレ「リフレクターレザー×PVC コインキャッチャー(Bo-17)」(8500円、税別※以下同) サイズ:縦8×横10.5×厚さ2.5センチ

クランプやコムォノなどの革小物ブランドを手がける池之端銀革店。ボクレは、そんな同店がアナログクリエーター・辻井国裕氏と協業したブランドで、感度の高いレザー製品を展開している。

今回紹介するのは、2015年に発売して大ヒットしたコインキャッチャーを、19年12月に素材を変更して復刻したもの。もともとスムースレザーなどを使った重厚なデザインだったが、光を反射するリフレクターレザーとクリアなPVC(ポリ塩化ビニール)素材をコンビ使いし、トレンド感のある仕上がりになっている。

最大の特徴は、コインを種類ごとに仕分けできるキャッチャーレールの採用だ。財布を開くと、ひと目で所持しているコインを確認できて実用的。レールに入らない1円玉と5円玉は、背面のポケットにまとめて収納できる。

もちろんユニークな見た目も好印象。懐かしいコインキャッチャーだが、一周まわって今では逆に新鮮さを感じられる。会計の際に目を引くのではないだろうか。

「若い方には目新しく映るようで、若年層を中心に売れている」と話すのは、池之端銀革店の店舗スタッフ・片桐啓佑氏。復刻を待ち望んでいたユーザーが多かったことから、発売初月に生産数の約3割を消化するなど、ギフト需要も高いため売り上げは好調だという。

使いやすくデザインも目を引くコインキャッチャー。下部のカードポケットも便利
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ハンモック構造で小銭を取り出しやすい
MONO TRENDY連載記事一覧