小型・軽量で縁薄く 家庭向け「ダイナブックC7」注目の製品使ってみました!

日経PC21

新しい家庭向けノートパソコンとして発売された15.6型液晶搭載の「ダイナブックC」シリーズの下位機
新しい家庭向けノートパソコンとして発売された15.6型液晶搭載の「ダイナブックC」シリーズの下位機
「dynabook C7」(ダイナブック)
●CPU:コアi7-10510U(1.8GHz)●メモリー:8GB●ストレージ:256GB SSD+1TB HDD ●ディスプレイ:15.6型(1920×1080ドット)●バッテリー駆動時間:約9.5時間●サイズ:幅361×奥行き244×高さ19.9mm●重さ:1.79キロ●実売価格:16万5000円前後

スタンダードノートと呼ばれ、長らく家庭向けパソコンの代名詞となってきた15.6型ノート。そこに新基準となりそうなパソコンが登場した。「ダイナブックC7」がそれだ。

特徴は、狭額縁デザインを採用して、本体を小型化したところ。従来型の15.6型ノート「ダイナブックT7」と比べると、幅が18ミリ、奥行きが12.5ミリ、高さが3.8ミリも小さい。重さも1.79キロで、15.6型ノートとしては軽量な部類だ。

ディスプレイーはフルHD(1920×1080ドット)で、IPS方式の広視野角液晶を採用する。表面が非光沢の仕様なので、複数の照明を使うリビングでも映り込みが少なく使いやすかった。

トレンドの狭額縁デザインを採用することで、従来の15.6型よりもコンパクトに仕上げた
1920×1080ドットのIPS方式の広視野角液晶を搭載。非光沢仕様なので蛍光灯などの映り込みも少なく見やすい

端子類も実用的。採用が増えているUSBタイプCを1つ備え、一般的なUSB3.0は3つ搭載する。光学ドライブは搭載しないが、それ以外の拡張性は従来のスタンダードノートと遜色ない。

左右の側面には、通常タイプのUSB3.0端子を3つと、USB3.1 Gen1仕様のUSBタイプCを1つ搭載する。SDカードなどを読み書きできるメモリーカードスロットも備える
テンキー付きのキーボード。キーピッチは18.7ミリで、キーストロークは1.5ミリ。キーの文字が太く判別しやすいのも特徴だ

キーボードも同様。テンキー付きで数字入力がしやすく、キーもほぼフルピッチ。「Enter」キーは小さめだが、通常の文字キーは問題なし。ウィンドウズハロー対応の顔認証対応で、サインインもスムーズだ。

自宅内の持ち運び利用を想定し、バッテリー駆動時間は15.6型ノートとしては長めの約9.5時間。バッテリーが減っても、30分で4割まで回復する急速充電に対応する。

(ライター 原如宏)

[日経PC21 2020年7月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧