「フライングタイガー」社長、学び直しの経験が力に

日経ARIA

修士論文のテーマが、その後の仕事にも生きている

―― 日本でMBAを取るときに英語力は必須でしたか?

松山 授業はすべて日本語でした。受講者は英語が得意ではない人も多いようでした。ただ2年生のとき、一学期の3カ月間だけ提携している海外の大学院へ交換留学ができたので、私はロンドンのビジネススクールへ行くことになったのですが、そのときは当然英語を使いました。逆に欧米の学校から慶応に来た外国人の学生とディスカッションする授業もあったのですが、英語ができる人ではないと受講が難しかったかもしれません。

―― 修士論文はどんなテーマで?

松山 当時、外資系の小売業が日本に参入して何年かたった時期だったので、それらのブランドが日本に根付くには? 根付くブランドと根付かないブランドの違いは? というテーマで論文を書きたいと思いました。実際に企業に取材したいと考え、「慶応大学の大学院に通っている学生なのですが……」とアポイントを入れると、結構会ってくださる方が多くて大変ありがたかったです。結論から言ってしまうと、ブランドを最初から日本に合わせて変えてから参入したところは失敗が多い。単純に最初からローカライズしてしまうと日本のブランドとの差別化ができなくなってしまうからです。「米国から来た、新しい○○というコンセプトを持ったブランド」などというメッセージは伝えた上で、いかに日本市場に合わせて早く修正していくことが大事か、ということはそのときに学んだことで、今の仕事にも生きています。

―― 外資系金融出身でMBAホルダー。再就職は困らなかったのでは?

松山 そうでもないんです。今の時代は「年齢より何を経験してきたか」が重視されつつありますが、当時はまだ年齢で切られてしまうことがあったことと、「MBAを取った女性は使いづらいのでは?」と思われたようで。自分ではMBAをひけらかすつもりはまったくなかったのですが(苦笑)。

小売業で事業に関わりたいという希望はありましたが、大学院で学んだといっても仕事では未経験。あくまで経験的に強みとなるのは財務分析や取材経験なので「数字関係だったらお役に立てるかもしれません」という気持ちで、転職活動に臨みました。

化粧品会社に転職、ブランドの業績回復へ貢献

松山 日本ロレアルに管理本部という予算を管理する事業部があり、そこで働くことになりました。将来的にブランド事業そのものに関われる可能性があったので。入社して半年くらいで「事業部にはいつ行けるでしょうか」という話を上司にしていたので、「あ、もう言い始めた」と思われたでしょうが(笑)。

事業部ごとのPL(損益計算書)を管理して利益が出るように改善する、事業部長の補佐のような仕事をする職があって、私は「ヘレナ ルビンスタイン」の事業に入ることになりました。この事業の業績を改善させることが命題。20人くらいの小さな事業部だったのですが、そのなかには営業部員や美容部員、PR、商品に関わる人がいます。どうすれば目標を達成できるのだろうといろいろと考えて、コスト削減してできた資金を、PRする製品に集中投下しようと思いました。「これを一丸となって売ろう!」と決めたんですね。

―― そして結果を出したのですよね。

松山 はい、運にも恵まれたと思いますが。「いろいろな製品がありますよ」というよりは、基礎化粧品の中から1つ、メイクアップ化粧品の中から1つ選んで、それをしっかり打ち出していくようにしました。美容部員にも「これを会社として売りたい」ということを研修を通じて伝えていくことで、「これはやっぱり効くのでお客様にお薦めしなきゃ」と思ってもらえる。組織全体を「みんなでこれを売ろう」という方向にもっていったことで、結果に結びついたのだと思います。

MBAを取ってから転職した日本ロレアルでは「ヘレナ ルビンスタイン」にて、事業の業績改善を達成。力を入れて売る化粧品を絞ったことで、組織全体を「これを売ろう」という雰囲気にもっていけた
注目記事
次のページ
事業を立ち上げるもITバブル崩壊で会社をたたむことに