あの映画を彩った時計・メガネ… 今、手に入る逸品も

MEN’S EX

『アニー・ホール』でウッディ・アレンが着用した

TART OPTICAL(タート・オプティカル) [ブライアン]

写真:Everett Collection/アフロ

ニューヨークを舞台に男女の恋と別れを描き、アカデミー賞をはじめ数々の賞に輝いたロマンスコメディ。監督・脚本のほか、主演として神経質なコメディアンを演じたウッディ・アレンの装いは、ナードのお手本。ダサかっこいいスタイルには、チェックのシャツとチノパン、そして彼が愛用した黒のセルフレームが不可欠。

<今買えるのは>[ジュリアス・タート・オプティカル ブライアン]

タート・オプティカルの意志を継ぐブランドによる復刻。創設者の甥が保有していた資料をもとに、ビス1本に至るまで、現代の技術にて当時のディテールを忠実に再現。 3万7000円(PRIVATE EYES & TRACKERS)

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でゲイリー・オールドマンが着用した

C.W. DIXEY & SON(シー ダブリュー ディキシー アンド サン) [チャートウェル01]

写真:Everett Collection/アフロ

第二次世界大戦で英国を率いた宰相・チャーチルといえば、ジェームス・ロックの帽子に蝶ネクタイ、サヴィル・ロウのテーラーで仕立てたスーツを着て、シガーをふかす、まさに英国紳士の代表格。眼鏡にもこだわりがあり、英国の王族などから愛される老舗のものを愛用。ストーリーはもちろん、衣装や小物も見どころのひとつだ。

<今買えるのは>[チャートウェル01]

同ブランドは1777年創業。実際にチャーチルのためにデザインされたモデルで、足のような形のテンプルエンド、フロントの左右にある2つのドットは、彼自身のオーダーによるもの。 5万3500円(ブリンク外苑前)

『10億ドルの頭脳』でマイケル・ケインが着用した

OLIVER GOLDSMITH(オリバー ゴールドスミス) [カウンセラー]

写真:Photofest/アフロ

『国際諜報局』『10億ドルの頭脳』でハリー・パーマー役を演じたマイケル・ケイン。英国を代表する名優が公私にわたり愛したのは、王室御用達の老舗オリバー ゴールドスミス。最近では『キングスマン』など、スパイ映画にしばしば眼鏡が登場するのは、秘密めいた役柄にインテリジェンスとセクシーさを与えてくれるからだろう。

<今買えるのは>[カウンセラー]

肉厚のウェリントン型で、シンプルながら存在感があり、同じくケインが劇中でも愛用した「コンスル」と並ぶ人気モデル。復刻時にフロントとテンプルのつなぎ目のディテールを変更した。 3万5000円(ブリンク外苑前)

帽子/Hats

『ボルサリーノ』でジャン=ポール・ベルモンドが着用した

BORSALINO(ボルサリーノ) [パナマハット]

写真:AP/アフロ

ボルサリーノを世界の名門へと押し上げたきっかけは、1970年公開、ブランドの名を冠したこの作品だ。ジャン=ポール・ベルモンドとアラン・ドロン、奇妙な友情を結ぶ2人のギャングが織りなすストーリーと、作中に登場する中折れ帽、ハンチングなど数々の帽子。中でもパナマハットは、伊達男の象徴として一躍憧れの存在となった。

<今買えるのは>[パナマ ファイン]

上質なエクアドル産のトキヤ草を使用し、きめが細かくしなやか。「ボルサリーノ型」とも称される中折れの美しいフォルムは、ドレススタイルにもカジュアルにもマッチする。 5万3000円(ボルサリーノ ジャパン)

■『カサブランカ』でハンフリー・ボガートが着用した

BORSALINO(ボルサリーノ) [フェドラ・ハット]

写真:Album/アフロ

「君の瞳に乾杯」の名セリフと、幅の広いリボンが特徴の中折れ帽にトレンチコートを合わせた“ボガートスタイル”で知られる同作。ボガートは、出演映画のみならず、プライベートでもボルサリーノを愛用していたというから、そのコーディネートは折り紙付き。男らしさをアップデートしてくれる、ハードボイルドなハット使いを学びたい。

<今買えるのは>[Bogart by Borsalino]

数種のウサギの毛をミックスし、ミディアムブリムと高いクラウンで1950年代のテイストを再現したコラボモデル。ゼブラ柄のリボン、内側に入ったボガートの名言もニクい。 6万8000円(ボルサリーノ ジャパン)

『街の灯』でチャップリンが着用した

JAMES LOCK & CO. HATTERS(ジェームス・ロック) [ボーラーハット]

写真:Album/アフロ

チャップリンが主演した数々の作品で着用し、彼のアイコンとして広く知られるのが、1676年創業、世界最古の帽子店が手がけた“山高帽”。チャーチルをはじめ多くの著名人が愛用した英国王室御用達の品だ。そもそもボーラーハットは、トップハットに次いでフォーマルなもの。喜劇に違和感なく取り入れるとは、さすがは“大物”だ。

<今買えるのは>[タウンコーク]

丸いクラウンと反り返ったつばが特徴。ウサギ毛のフェルト素材で、かつて乗馬用であったため、硬く丈夫。写真のブラックほか、グレー、ブラウン(近日入荷予定)の全3色。 5万8000円〈参考価格〉(川淵帽子店)

小津安二郎監督が愛用した

PIQUE HAT [ピケ帽]

写真:読売新聞/アフロ

グラスに入った液体の高さまで揃える、そんな究極の美意識は自身の装いにも。べっ甲の老眼鏡や白いシャツ、パテック フィリップの時計など、世界が認めた巨匠・小津安二郎が愛した逸品は数多い。中でも印象的なのが、この白いピケ帽だ。季節を問わず愛用し、一度に大量に購入していたという逸話からも、こだわりのほどが窺える。

<今買えるのは>[銀座トラヤ帽子店 メトロハット]

1917年創業の老舗帽子店が、小津監督の帽子をモチーフに作った、20年以上愛される定番モデル。綿100%で、縫製後に洗いをかけているため、おろしたてでも味のある仕上がりに。 6000円(銀座トラヤ帽子店)

※表示価格は税抜きです。

撮影=黒沼 論(aosora)、鈴木泰之、竹内一将(STUH)、丸益功紀(BOIL)、椙本裕子、武蔵俊介 スタイリング=四方章敬、宮崎 司(CODE) ヘアメイク=馬場拓也(sept) 構成・文=小曽根広光、黒澤正人、井上健太郎 文=吉田 巌(十万馬力)、秦 大輔、竹内虎之介(シティライツ)、柴田 充 イラスト=TOMOYA 撮影協力=AWABEES、淡路亭、マグニフ、ゆうらく

MEN'S EX

[MEN’S EX 2020年5月号の記事を再構成]

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash
夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash