人気は一人用炊飯器や電気圧力鍋 家電・上半期ヒット20年上半期ヒット&下半期ブレイク予測

日経トレンディ

日経トレンディ

日経トレンディは6月号で「20年上半期ヒット大賞&下半期ブレイク予測」という特集を組んだ。本日はその中から「家電」分野について紹介する。

ノイキャン機能搭載のイヤホンは三つどもえの争いに

16年末にAirPodsが登場してから約3年がたち、完全ワイヤレスイヤホンが新たなステージに入った。これまでソニーが開拓してきた、周囲の雑音を電気的に打ち消す「ノイズキャンセリング」(ノイキャン)機能を最大手のアップルが独自に開発し、上位機の「AirPods Pro」に搭載。それを19年10月に発売したのだ。

従来のAirPodsは耳を圧迫しない「開放型」で、周囲の雑音が聞こえやすい欠点があった。これをAirPods Proでは耳穴にぴったりはまる「密閉型」に変更し、遮音性が向上。電車内でも雑音を気にすることなく音楽を聴けるようになった。これが電車通勤の多い日本人にマッチして人気が沸騰。税込みで3万円前後と高価にもかかわらず、一気にシェアトップに立った。ノイキャン搭載イヤホンはソニーも出しているが、AV評論家の折原一也氏は「日本はiPhone利用者が多いので、イヤホンのブランド力は今やアップルのほうが上」と分析する。4月にパナソニックもノイキャン市場に参入。今後三つどもえの争いになりそうだ。

●【2020年上半期ヒット大賞】電車通勤が多い都市部でノイキャンが爆発

「AirPods Pro」(アップル)

2016年12月に発売した「AirPods」で、完全ワイヤレスイヤホンを世界に普及させたアップルが、上位版「AirPods Pro」の発売で王座を揺るぎないものにした。CMでは、騒音を打ち消す効果があるノイズキャンセリング機能をシンプルに訴求し、税込み3万円以上と高価にもかかわらずシェアトップを獲得。公式通販サイトでは2~3週間待ちの状態がしばらく続いた。「電車通勤とiPhoneユーザーが多い日本の状況にマッチした」(折原氏)のも追い風になった。

●【下半期ヒット予測】「テクニクス」で真っ向勝負

「EAH-AZ70W」(パナソニック)

スピーカーやレコードプレーヤーの高級ブランドとして定評のある「Technics(テクニクス)」ブランドを冠したノイキャン・完全ワイヤレスイヤホンをパナソニックが4月中旬に投入した。完全ワイヤレスイヤホンは同社初となる。実勢価格3万2000円(税込み)とAirPods Proを超える価格だが、「発売直後にランキングで1位になるなど、注目度は非常に高い」(カカクコムの鎌田氏)AirPods Proにどこまで迫れるか注目だ。

巣ごもりで調理家電は絶好調

共働き世帯の増加で電気圧力鍋など「時短家電」の人気が高まり、調理家電は全体的に好調だった。その中で異彩を放ったのがサンコーの「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」。従来50分近くかかっていた炊飯時間を14分まで短縮し、「単身者もパックご飯ではなく炊き立てを食べたい」というニーズを獲得。税込み6980円と安くはないが、2万個以上を売り上げている。

●【上半期ヒット】お一人様も3食温かいご飯が食べたかった

「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」(サンコー)

0.5合なら最速14分、1合でも19分で炊ける超小型炊飯器が、発売後2カ月半で2万台を受注。6980円(税込み)と安くはないものの、キッチンに行かなくても調理ができる卓上調理機器の需要が大きいことをつかみ製品化。重さ840gと持ち運びも可能で、単身者以外にオフィスで炊き立てのご飯を食べたいという需要も捉えた。

●【上半期ヒット】10年ぶり刷新の電気圧力鍋が好調

「SR-MP300」(パナソニック)

4~5年前から徐々に拡大してきた電気鍋タイプの自動調理機市場。そこに、電気圧力鍋を1977年から販売するパナソニックが10年ぶりに新製品を投入。「19年10月~20年2月は計画比で約6倍」(パナソニック)と順調に販売台数を伸ばしている。新たに無水調理に対応し、予約機能が付いた。カレーなら4~5人分作れる大容量も受けた。新型コロナによる外出自粛によって、自宅で料理をする機会が増えたこともあり、まだ販売数を伸ばしそうだ。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
下期は娯楽施設に代わる機器が需要増
MONO TRENDY連載記事一覧