答えと解説

正解は、(3)太陽光線です。

肌の老化は年齢を重ねることでも進みますが、加齢による影響は2割程度。太陽光線による「光(ひかり)老化」の影響が8割を占めているといわれます。

東京女子医科大学皮膚科学教室の川島眞教授(現・名誉教授)によると、「光老化」とは、太陽光線を長期間、無防備に浴び続けることにより、皮膚にシミ、シワ、たるみなどが現れる老化現象のこと。「例えば、お尻や内ももなど日光に当たる機会がほとんどない部位の皮膚には、お年寄りでもシミやシワはほとんどできません。このことからも、肌の老化においては太陽光線の影響が大きいことが分かります。また、皮膚がんの8割程度は、日光に当たる部位に発症することが知られています」(川島さん)。

紫外線だけでなく近赤外線も、皮膚には脅威

肌の老化に影響する太陽光線というと「紫外線」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実は肌にとって脅威なのはそれだけではないようです。

太陽光線は、波長の短い方から「紫外線(UV)」「可視光線」「赤外線」の3つに分かれ、紫外線にはC波(UVC=短波長)、B波(UVB=中波長)、A波(UVA=長波長)があります(ただし、このうちUVCは波長が短いため、上空のオゾン層に遮られて、地上にはほとんど届いていません)。

また、太陽光線は波長が長いほど、皮膚の奥深くまで届くという性質があり、中波長のUVBは皮膚の一番外側にある表皮に、長波長のUVAは表皮の下の真皮に、それより波長の長い近赤外線は皮下組織まで届きます(図1)。

【図1】波長が長いほど皮膚の奥へ入り込む

「光老化」啓発プロジェクト委員会の図を参考に編集部で作成

UVBは「シミ」、UVAは「シワ」、近赤外線は「たるみ」に

UVBが表皮に与えるダメージで分かりやすいのは日焼けです。強い日差しに1時間も当たっていると、皮膚がヒリヒリしたり、赤くなったりしてきますが、これはUVBを防御するための即時型の反応によるもの。このUVBによる表皮へのダメージが蓄積すると、シミの発生につながります。UVBが表皮細胞に当たると、細胞を守るために幹細胞因子のSCFやエンドセリンが放出されて、色素細胞のメラノサイトを活性化して、シミのもとになるメラニンの生成を促すのです。

一方、UVAによるダメージは、シワを作る原因になります。UVAが届く真皮には、皮膚のハリや弾力を保つ膠原線維(コラーゲン)と弾性線維(エラスチン)が張り巡らされていますが、UVAによるダメージが蓄積すると、その構造が損なわれることで、シワができるのです。

近年ではさらに、近赤外線が皮膚の土台となっている皮下組織にダメージを与えることで、たるみが生じることが指摘されているといいます。

【図2】太陽光線の種類別 肌への影響

真夏でなくても曇りでも、「日焼け止め」の習慣を

では、光老化から肌を守るにはどうすればいいのでしょうか。

紫外線の照射量は、年間では真夏の7~8月がピークですが、4~5月にかけて急速に上がり、ゴールデンウイークの時期は、ピーク時期とほぼ同じだと考えられます。また、1日の中では、正午前から上がってきて、午後2時頃がピークになります。そのためゴールデンウイーク中やそれ以降、夏にかけて、日中に屋外を歩き回る際は光老化対策が不可欠、と川島さんは言います。

「とはいえ、紫外線が強い時期や時間帯だけ対策をすればいいというものではありません。冬や曇りの日でも、線量は少ないものの、太陽光線は常に降り注いでいます。無防備に屋外にいれば、影響はあるものです。また、波長の長いUVAや近赤外線は通常の窓ガラスを透過するので、室内でも注意が必要です」(川島さん)。

このことを念頭において、理想としては、日常的にサンスクリーン剤(日焼け止め)を使うのがいいと川島さんは強調します。「女性の場合は室内にいても、日焼け止め効果のある化粧品を使うといいでしょう。眼やその周辺の皮膚を保護し、シワやたるみを予防するためには、紫外線や近赤外線カットのレンズのメガネやサングラスが有効です」。

また、外出時は帽子や日傘を忘れずに。特に、頭髪が薄くなっている人は、紫外線の影響を受けやすく、頭に皮膚がんを発症するリスクがあるそうです。

[日経Gooday2020年4月 27日付記事を再構成]

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント