嵐、ZARD… 今こそ聴きたい、元気になれる歌15選

暗いニュースが多く、気分がふさぎがちな人も多いのでは。そんな今こそ聴きたい「元気になれる歌」を10~60代の男女1000人に聞いた。

■1位 嵐「Happiness」 626ポイント
楽しそうに歌う姿まぶしく

アイドルグループ「嵐」の2007年発売のテンポのよい明るい楽曲。世代別でみても、10~30代で1位、40代で5位、50代で4位と幅広く評価を集めた。曲名の通り前向きな歌詞が特徴で、「全体的にポジティブな曲でストレスが吹っ飛ぶ」(17歳女性)。新型コロナウイルスによるかつてない困難も「なんとか乗り越えるしかないと感じてくる」(58歳女性)。

2020年末にはグループ活動を休止すると発表しているが、「楽しそうに歌うメンバーの5人がまぶしくて、その姿に元気をもらえる」(26歳女性)との声も。「カラオケで友達と歌うと本当に盛り上がる」(30歳女性)と、一緒に口ずさむことで元気になれるという人も多かった。


■2位 ZARD「負けないで」 587ポイント
廃れぬ名曲 若者も支持

1993年発売ながら、廃れることのない名曲がランクイン。若い世代にも浸透しており、10~60代の各世代で10位以内に入った。軽快なリズムに、ボーカルの坂井泉水さんの透明感のある声で「タイトル通り、負けないでと応援されているように感じる」(24歳女性)という声が集まった。「転職し苦しかったときに聞いていた」(60歳男性)、「マラソンでダメになりそうなときに流れて元気が出た」(30歳男性)など、それぞれが人生の様々なシーンで耳にしており、そんな記憶や思い出も心を奮い立たせているようだ。


■3位 あいみょん「マリーゴールド」 534ポイント
懐かしく温かいメロディー

新世代の歌姫ともいわれる、あいみょんさんの2018年リリースの曲。同年末にはNHK紅白歌合戦に初出場し、披露した。ラブソングでありながら、温かみのあるメロディー。「どこか懐かしさも感じる曲で、初心に戻る気持ちになる」(30歳男性)

10~40代では2位、50~60代でも12~13位と幅広い世代から支持を集め、「気づいたら口ずさんでいて、歌うと元気になる」(30歳女性)。市場調査会社のGfKジャパンによると、19年の音楽ストリーミング配信で、再生回数は1億回以上を記録した。


■4位 ウルフルズ「ガッツだぜ!!」 504ポイント
応援ソングとしても人気
(c)ユニバーサル ミュージック

ノリのいい曲調に、力強い歌詞で、運動会などでの応援ソングとしても人気の1曲。「勢いがあり、気分を高揚させてくれる」(59歳男性)。1995年の発売で、特に30代以上の熱い支持を集め、30~60代では1~3位だった。カラオケなどで盛り上がれ「みんなで一緒に歌いやすい。歌うと一体感が生まれる」(30歳女性)。

新型コロナウイルスの影響に直面している「今の状況にはガッツとド根性が必要だなと思っている」(55歳女性)と、まさに今励まされている人も多かった。


■5位 AI「ハピネス」 367ポイント
感情こもった声 励まされ

ソウルミュージックやヒップホップ、ラップもこなせる圧倒的な歌唱力で知られるAIさんの代表曲。感情のこもった歌声に励まされるという声が集まり、「とにかくパワフルな声が力になる」(30歳男性)。もうひとつ、人気の理由は人柄にも。「いつも元気なAIさんの姿を思い出す」(60歳男性)、「AIさんの明るいキャラクターそのものの感じの楽しい曲」(35歳女性)。特に、20~40代からの人気が高かった。外出自粛が求められる最近も、自身のSNS上などで家からハピネスを披露し、注目を集めた。


■6位 安室奈美恵「Hero」 305ポイント
心に響く伸びやかな歌声
(Dimension Point)配信中

2018年に引退した安室奈美恵さんの「伸びやかな歌声が心に響く」(65歳女性)。スローテンポで始まり、ダンスビートへと変化する曲調が「じわじわとやる気を引き出してくれる」(41歳男性)。NHKのリオデジャネイロ五輪・パラリンピックのテーマ曲で「みんな一体となって応援したことが忘れられない」(46歳女性)。


■7位 Official髭男dism「I LOVE...」 302ポイント
透き通る声で元気に

2018年にメジャーデビューし、昨年末にはNHK紅白歌合戦に初出場したバンド「ヒゲダン」の楽曲。「透き通るような声と歌詞がマッチして、元気が出る」(16歳男性)。1~3月のTBS系の恋愛ドラマ「恋はつづくよどこまでも」の主題歌でもあり、「ドラマでのきゅんきゅんを思い出し、元気のもとになる」(19歳女性)との声も。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧