「ネットで落語もグローバル」って… 違和感の理由立川吉笑

画像はイメージ=PIXTA
画像はイメージ=PIXTA

落語会が開催できなくなって2カ月たった。新型コロナウイルスには、まだまだ油断できないが、ようやく東京都内は新規感染者数が減ってきて少しずつ自粛生活の終わりが見えてきた感じだ。

6月ごろから少しずつ落語会も開催されることになると思っている。自分が主催する独演会も再開する予定だ。でも当面は100人以下の小規模な会場で、しかも定員の半分くらいまでの入場制限を設ける必要があるだろう。そうなると従来の入場料だけでは会場費の支払いもままならない。だからと言ってチケット代を高くするのは現実的でないため、同時に映像収録して、それを配信することで売り上げを確保するような対策が必要になるだろう。

「有識者」とのリモート会議

先日、1通のメールが届いた。「落語配信をやってみて現状どんな印象か聞かせてほしい」という内容だった。送り主は重々しい肩書が並んだ、まさに「有識者」と呼ぶのがしっくりくるような方々。今後、演芸などのライブ配信について、国として何かしらの後押しを考えているようで、どういう支援が効果的か聞きたいとのことだった。

そんな突然の依頼に、まずは「新手の詐欺ではないか?」と疑うところから始めた。自分で自分を守るしかない弱小個人事業主の悲しい習性だ。

メールアドレスのドメインが本物っぽかったのと、まずは登録料を支払えなどの誘導もなかったので、ひょっとしたら詐欺じゃないかもしれないと思いつつ、それでも警戒心は持ったまま指定された時間にリモート会議に参加した。

簡単に挨拶をした段階でこれは本物のやつだとすぐにわかった。ニュース番組などでたまに映るタイプの会議だった。あのプリントを回すのが大変そうな、ドーナツ型に机を配置して部屋を広く使うタイプの会議。そんな雰囲気がリモートにもかかわらず伝わってきた。

聞かれるがまま一通り「落語界の現状」「落語配信の現状」「実際にやってみての問題点」「今後の見通し」などについてしゃべった。

会議も佳境に差し掛かり、リーダー格の方が総括し始めたくらいで、僕が会議中にうっすらと抱いた違和感の正体が明確になった。

それまでも会話の要所で挟み込まれていた話題。「ネット配信を始めたことによるメリットはありますか?」「ネットだからこそ表現できるようになったことはありますか?」「ネット配信では世界中に発信できますよね?」「これまで接点がなかった方達に知ってもらえるチャンスがネット配信ではありますよね?」

誘導尋問ではないけど、ニュアンスとして「ネットを使うことでこれまでには接点がなかった世界中の方に触れてもらえる機会が増えた」というような答えが欲しいんだろうなぁという質問が何度か投げかけられた。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
世界の不特定多数よりも
エンタメ!連載記事一覧