「コロナで不安」感情の正体は 元陸自心理教官の教え元自衛隊心理教官の下園壮太さんに聞く(上)

日経Gooday

編集部:マスク不足とか、トイレットペーパーの買い占めが起こるといった現象も、不安と切り離せないのですね。

下園さん:そう。不安の本質は、「今やれ、すぐにやれ」と行動を促す感情なのに、行動と結果が見えてこない。そんなとき、人は、「とりあえず、今の自分ができること」を何かしないと安心できません。ですから、マスクを探し続ける。備蓄をしようと食糧やトイレットペーパーを買い占めに走る。また、本当の情報は隠されているのではないかと思い始め、噂が絶えず流れ、デマのような情報も流れやすくなります。歴史的にも、有事の社会ではこのようなことが繰り返されています。人間の心の本質が変わっていないからです。

危機のときこそ「情報のバランスを意識」することが重要

編集部:なるべく、客観的な、正しい情報を把握したい、と思うのですが、それが難しいですね。未知のウイルスで、研究のただ中で、誰も正解がわからない状況です。

下園さん:じつは、頭のいい人ほど、不安という感情に圧倒されやすいのです。リポートや論文を書くとき、書き手は深堀りして探究していきますよね。それと同じように、不安情報を掘って掘って、掘り進めてしまう。安心情報があっても、「いや、ネガティブ情報は必ずあるはずだから、その情報をつぶしていかなければ」と考えすぎて結果的に「不安情報」で頭をいっぱいにしてしまいます。

イラスト:朝倉千夏

編集部:いろいろな立ち位置の意見を知るために、識者が発信している情報をあれこれフォローするうちに、疲れてしまいます。

下園さん:有事のときには、私たちは「ノアの箱舟」のように、自分だけが取り残されるのではないかという不安を抱くものです。

本当の情報は公の機関からは流れてこないかも、と疑い、乗り遅れないために「口コミ情報」に耳を傾けるようになります。人間社会における情報は、メディアが発達する以前、何万年と、身近な人の言動による「口コミ」が主体でした。その長い歴史が、「本当の情報ほど口コミでひそやかに伝達される」という感覚を、深い本能の部分に刻んでいるのです。

口コミの典型例がSNSです。一人ひとり、n=1のつぶやきではあっても、公よりもはるかに信頼性を持って受け取られる場合があります。情報は客観性が大切ですが、不安を求める心理が前提にあると、不安度が高いほうが「納得感」がある。現場の声で、貴重な情報ではあるものの、リアリティーがありすぎる。しかも、当事者は、伝えなければという思いが強いから、その情報には「感情」が乗っかりやすい。それらの情報を受け取り続けると、不安が雪だるま式に拡大していきます。

編集部:うまく情報とつきあうにはどうすればいいのでしょう。

下園さん:思い切って、「どっちも予言」というふうに考えるのも一つの方法です。「状況は長期間終息しないかもしれない」、あるいは「夏までには終息するだろう」。どちらも予言で、極端な話、占いと同じようなものだと達観してみるのです。

いずれの立場も信頼性のある権威が論陣を張っているかもしれませんが、その人たちですら「どっちも起こりうる」と考えているほど、予測がつかないのが新型コロナなのです。

もう少し、現実的なやり方もあります。「何を信じていいかわからない」という気持ちになったときは、ネガティブ方向に傾いたバランスを立て直してみるのです。

不安でたまらなくなったら、「待てよ、反対の情報はないかな?」と探してみる。今はどうしても感情が不安情報ばかり集めたがるのだと知った上で、「肉も魚も野菜も食べよう」という意識で、情報をまんべんなく食べておく。

私たちは、情報に触れる「回数」や「時間の長さ」で、その情報の「正しさ」を感じてしまう、という特徴があります。同じ内容の情報を何度も見ると、いつの間にかそれが「絶対に正しいこと」のように思い込んでしまう。

危機のときには、バランス感覚がとても重要です。「その信頼性はどうなのか」とあまり突き詰めすぎずに、量のバランスをとる。そうすることで、不安の拡大を鎮めることができるかもしれません。

不安なときの乗り切り方としては「信頼できる対象」を決めるのもいいでしょう。この人の発言に注目していこう、とか、この媒体は信頼がおけそうだ、というふうに、情報源をぐっと絞り込んで、「定点観測」するのです。

私たちは「慣れる」タフさも備えている

編集部:今、外出を避け、人に会わない生活で、家の中で煮詰まっている人も多いかと思います。一人暮らしの人はもちろん、孤独感が強くなります。また、家族がいても、身近に不安がりの人がいると、あおられるというか、そういう難しさもありますね。

下園さん:人間は、どうしても「自分が見たもの、触れたもの」にすごく影響を受けるのです。頭では情報をフラットに見て冷静に判断しようと思っていても、そばで騒いでいる人の影響のほうが大きい。テレビで日ごろからなじみのある著名人が亡くなると、不安感が増すのも、その人が自分にとって「身近」だったからです。

ですから、身近に不安がりな人や怒りっぽい人がいる、というときには「影響を受けやすい」ことを自覚した上で、「なるべく振り回されないぞ」と心に決める。物理的に離れるのはなかなか難しいかもしれませんが、ベランダなどでぼーっと空を眺める、一人だけで静かにお茶を飲む、ストレッチをする、そんな時間をできるだけ確保しましょう。また、知りあいの中で、どんと落ち着いている人、気楽に冗談を言い合えるような人とメールをやりとりしたり、オンラインで会話をするのもとてもいいです。「元気?」と声をかけあい、他愛ない会話をするだけでも、本能的な警戒心がゆるみ、ほっとできるものです。

編集部:人と話すことって、とても大切だなと、最近しみじみ感じます。

下園さん:不安の対処の重要なコツは、人と話すことなんですよ。

人間って、一人で考えていると、だいたい方向性を間違えていくのです。ずっと、なんとなく考え続けているうちに、よりネガティブ方向に傾いていき、修正が利かなくなる。不安なときは、集中してぐっと悩み、しかも誰かと悩むことで、間違いが修正されやすくなります。そして、考えてもどうにもならないことは、ひとまず忘れることです。

私たちは、どんな状況にも「慣れる」というタフさを備えていることも忘れてはなりません。状況を冷静に注視して、日常的にやらなければいけないことがある一方で、この大きく変化した状況にも、やがて私たちは慣れていきます。テレワークにも慣れ、オンライン会議にも慣れ、急に増えてしまった家族との時間にも慣れてきて、互いの距離のとりかたも調整できるようになってきます。もちろん、それは、不安という感情の特質を理解し、疲労をなるべくためないようにする、という対処ができた上でのお話。それについては第2回、第3回でお話ししていきましょう。

まとめ
危機の今こそ、バランス感覚を意識して。
ネガティブ情報に偏ったら、反対の情報も取り入れてみよう。

(ライター 柳本操、インタビュー写真 菊池くらげ)

[日経Gooday2020年5月18日付記事を再構成]

下園壮太さん
心理カウンセラー。防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊入隊。心理幹部として多くのカウンセリングを手がける。大事故や自殺問題への支援を元に理論を展開。NPO法人メンタルレスキュー協会理事長。『自衛隊メンタル教官が教える 50代から心を整える技術』(朝日新書)など著書多数。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント