藍染めブルーで涼やかに テレビ会議でも視線引き込む宮田理江のおしゃれレッスン

天然藍染めの青はナチュラルな色合いが魅力
天然藍染めの青はナチュラルな色合いが魅力

蒸し暑くなる時期に、涼やかなムードを呼び込める色がブルーです。なかでも天然藍染めの青は化学染料とは異なるナチュラルな色合い。愛着を持って服とじっくりつきあう「スローファッション」の流れにもなじみます。徳島県の伝統的な藍染めを取り入れた、日本の有力ブランド「matohu(まとふ)」の2020年春夏コレクションから、夏にうれしいさわやかイメージを寄り添わせる藍染め服の魅力を紹介します。

リモートワークでも好印象 涼しげでりりしいジャケット姿

夏場は前を開けて羽織物としても重宝します

藍染めならではのクールな色味のジャケットは、顔周りにもさわやかな印象を添えてくれます。見るだけで体感温度を下げてくれそうなブルートーンは、夏のお仕事ルックにもぴったり。上半身にブルーを迎えると、テレビ会議での見え具合もクールに。オーガニックコットンのガーゼ素材を使っているので、通気性に優れ、肌触りも快適。

グラフィカルな不ぞろい柄がボディーをシャープに演出。ボトムスは藍色と好対照の白でコントラストを引き出しました。トップスの程よいコンパクト感は、ボリュームのあるボトムスと合わせてもスマートな着映えに落ち着かせてくれます。ワイドパンツで伸びやかに、フレアやプリーツスカートで優美にといったコンビネーションを選べます。

和紙特有の風合いが醸し出す控えめのリッチ感がひときわ

軽さや風合いなどが認められ、和紙が服の素材として評価されつつあります。こちらは和紙糸で織り上げたジャケット。和紙ならではの自然なしわが穏やかな質感を寄り添わせています。色が均一の無地ジャケットに比べ、ひじから先と裾の部分に淡い色があしらわれたツートーンが印象的な着映え。近ごろ増えてきたテレビ会議でも視線を引き込んでくれそうです。

藍の液で染める回数を変えることによって、濃淡を出す「段染め」技法を使っています。工業的ではない、手仕事ならではの微妙な色味が上質感を漂わせました。胸元を隠す襟形だから、Tシャツの上にサッと羽織るだけで、お仕事ルックに早変わり。ラフなパンツやフェミニンなスカートなどのムードにも、無理なくなじみます。

川のせせらぎのイメージを藍染めで表現した服で穏やかムード

スーツほどには堅苦しく見えにくいから、セットアップは一段と支持が広がってきました。オンとオフをまたいで着回しやすいのも、セットアップの強み。こちらのように、さわやかな色・柄のタイプなら、これからの季節に、涼しげな雰囲気とりんとしたキャラクターを演出するうえで重宝します。ふくらはぎがのぞくクロップド丈のパンツは足さばきが楽。スーツライクな統一感があるのに、型にはまって見えにくいという一石二鳥の着映えです。

注目記事
次のページ
涼しげで軽やか 風通しと品格兼ね備えた装い
今こそ始める学び特集