「昭和風」硬めプリン 自粛疲れを癒やす素朴な味

マーロウのプリンはビーカー入りで見た目もおしゃれだ
マーロウのプリンはビーカー入りで見た目もおしゃれだ

昭和風の「硬め」のプリンが復権している。カフェやコンビニでも見かける機会が増えてきた。新型コロナウイルスで外出自粛ムードが続くが、ネット通販やデリバリー、テークアウト(持ち帰り)できる店もある。自粛疲れの解消に、おいしいプリンでホッと一息ついてみてはどうだろうか。

「自分が好きだった硬めのプリンを作って販売している」。東京都北区のJR十条駅前に2019年2月にオープンした「キッサフムフム」。店主の熊谷弥奈美(みなみ)さんが目指しているのは昔ながらの昭和風プリンだ。

カップではなく6人分のホール(容器)で作ったプリンはボリュームたっぷり。添えられた生クリームと一緒に食べると、しっかりとした弾力が感じられる。

プリンは低温で50分間じっくり火を通して作る。(表面や中に泡のような空洞ができる)「す」が入りにくくなるので食感が良くなる。しっかり卵をこすことで口当たりもなめらかになるという。

キッサフムフム(東京都北区)のホールで作ったプリンは迫力満点

新型コロナの感染防止のため現在、営業は週2~3日、テークアウトのみとなっている。メニューは日替わりで、店主の熊谷さんがインスタグラムなどに投稿して知らせている。価格は6人分のホールプリンが2700円、1人分のカットサイズが450円だ。

時代に左右されず、硬めのプリンを作ってきたのは、神奈川県横須賀市のカフェ&レストラン「マーロウ」。プリンはビーカー入りと印象的だ。硬めとあってビーカーから出してもプリンは崩れない。定番で一番人気の「北海道フレッシュクリームプリン」や期間限定の「ラム・レーズンプリン」など常時10種類以上が並び、価格は1個734~1080円。

プリンは約35年前の創業当時からレストランのデザートとして販売されていた。「おいしいプリンを家でも食べたい」といった客の声に応え、テークアウトにも対応した。

原材料にもこだわる。無添加で香料などは一切使わない。卵は千葉県の養鶏場のもの。植物性のエサだけを与えて育てた「食菜卵」を使っている。牛乳も新鮮な北海道産を使う。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧