出しやすい・頑丈…カード派に便利なミニ財布3選特集 キャッシュレス時代のミニ財布(中)

スマホ決済の普及や、ビジネスリュックを用いる人が増えたことで、財布の昨今のトレンドは「ミニ財布」に。パンツのポケットに入れても邪魔になりにくいコンパクトな財布に注目が集まっている。そこで今回は、種類別に3回に分けて紹介する。

札を折りたたまずに入れられ、小銭とカードも収納できるオールインワンのミニ財布を紹介した前回記事「ミニ財布オススメ3選 小銭もカードもすっきり収納」に続き、今回は、カード収納スペースが充実した注目作を取り上げる。クレジットカード、電子マネー、ポイントカードなど、まだまだカードの出番は多い。キャッシュレス時代の財布選びは、カードとの親和性にも着目したい。

蛇腹式のカードポケットが使いやすい

クラウストルム「ARTICULAR WALLET - C -」(左/2万1000円、右/2万円。税別、以下同) サイズ:縦7×横9×厚さ2.5cm

東京・銀座に工場併設店を構えるクラウストルム。その場所柄、キャッシュレス先進国からの海外の顧客も多く、彼らの要望に応えて、紙幣を収納できるカードサイズのミニ財布を2019年8月に製作。国内のユーザーから「コインも少し入るものが欲しい」との声があり、同年10月に本作を発売した。

最大の特徴は、財布を開くと大きく広がる蛇腹式のカードポケットで、ひと目でカードを見つけられる。ポケットが浅く、カードを取り出しやすい点も特徴となっている。そして上部にはコインポケットを備え、札も折りたたまずに入れられるため、ミニサイズながら日常使いには十分に対応する。

本体素材は、厚さ0.075mmの極薄かつ強靭(きょうじん)な産業用のポリエステルフィルムと本革を使用し、リベットで締結した。6ポケットの蛇腹式カードケースとコインポケットがあるにもかかわらず、財布をつぶした状態の厚みはわずか9mmに抑えられている。

表面のステンレス製プレートは、同ブランドの商品であることの象徴で、本体の剛性を保つリベットを締結する構造を担う。

「発売から現在に至るまで、卸売り、直販ともに毎月好調な売り上げを維持している人気アイテム」(クラウストルムを手がけるSTEELの代表 遠藤健史氏)。国内外問わずファッションやデザインに関心が高い人、特にクリエーター職の人から支持されているという。

財布を開くと蛇腹式のカードポケットが飛び出てくる。使い勝手も抜群
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
スキミング被害を防ぐカード専用財布
MONO TRENDY連載記事一覧