目指す場所があることの幸せをかみしめて(井上芳雄)第68回

日経エンタテインメント!

井上芳雄です。自宅での生活が長く続いて、家で映画を見る機会が増えました。今回は最近見た作品の感想を紹介しようと思います。映画からは教えられたり、助けられたりすることがたくさんあります。エンタテインメントは生活に欠かせないものだということをあらためて感じています。

前回の連載から2週間たちました。僕は相変わらず自宅で過ごしています。打ち合わせや飲み会もオンラインという日々ですが、話している内容は少しずつ変わってきました。先に向けてできそうなことが、オンラインでの計画を中心に具体的になってきています。

そうやって仕事を進めながら、家でよく映画を見ています。オンライン飲み会をしていても、「最近どんなのを見た?」という話になります。新型コロナウイルスの流行が始まって、最初のころに見たのが『コンテイジョン』です。未知のウイルスによる感染の流行を描いた2011年のアメリカ映画で、今のコロナの事態を予言していたかのような内容です。まだ舞台のけいこをしていた2~3月のころから、周りの役者さんの間でも話題になっていました。僕も見てびっくりしました。医療崩壊や都市封鎖、買い占め騒動といった今、現実に起こっていることが次々と出てきます。10年も前に、この状況を克明にシミュレーションして映画にしていたことが驚きです。逆に言うと、予測できていたことなのに自分は何も知らなかったんだなと気づかされました。

映画自体はフィクションですが、未知のウイルスがどこで発生して、どんな感染経路をたどって、どうやって収束するのかが描かれています。ネタバレになるので詳しくは言えませんが、最後は希望が見えるストーリーです。僕が見たのは、コロナが大変なことになってきたのを感じながらも、どうやって始まって、どういうふうに終わる可能性があるのか自分でも分かっていない時期だったので、その入口と出口が分かったという点で参考になりました。感染症の専門家が監修しているので、教科書のような映画でしたね。もちろん映画としてもハラハラドキドキして、とても面白かったです。

僕はパニックものやホラーは怖いので、普段はあまり見ません。でも、『コンテイジョン』で火がついたというか、今の状況に浸るような気持ちになって、ネットや交流サイト(SNS)の感想を参考にパニックものを何作か見ました。

そのうちの1作が、スティーヴン・キング原作の『ミスト』(07年)です。ある日、町が謎の霧に覆われて、人々が混乱していく話です。『コンテイジョン』に比べるとファンタジーの要素が強いのですが、急に極限状態に陥るという点は一緒ですね。スーパーの中にいた人たちの間で状況がどんどん変わっていったり、派閥が生まれたり、対立したりするのを見ると、結局、人間が一番怖いんだなと感じました。

韓国映画の『グエムル-漢江の怪物-』(06年)は、突然現れた怪物(グエムル)が人間を捕食しながら暴れ回るというパニックものでした。監督は今年のアカデミー賞作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』を撮ったポン・ジュノです。怪物にさらわれた娘を助けようと父親や家族が戦うのですが、怖いだけじゃなくて、コメディーっぽい場面があって笑えたり、家族愛だったり、社会風刺だったりといろんな要素があって、すごく面白かった。怪物の発生にからんでウイルスが拡散しているという描写もあって、噂だったり真偽のあやふやなものに人々が振り回される様子は、今の状況にも通じます。僕は韓国映画をあまり見たことがなかったので、こんなに素晴らしい作品があることにも驚きました。

今は何を見ても、自分たちの状況に結びつけてしまいますね。刑務所を舞台にした名作『ショーシャンクの空に』(94年)を再見したときもそう。刑務所の中で長く暮らしていたので、出られるとなったときに怖いと思う人の姿を見て、自分たちも早く元の生活に戻りたいと思いつつも、外に出るのが怖いという気持ちもあったりするのかなと感じました。

注目記事
次のページ
ミュージカル曲のソロはテレワーク向き!?
今こそ始める学び特集