新型コロナで広がる遠隔授業 大学教育はどう変わる?

遠隔授業が標準になると、従来の大学の施設は必要なのか、大学の存在意義は何かといった議論にもつながります。秋入学の導入をはじめ、様々な議論がしやすくなった今こそ、大学の運営を根底から見直すときではないでしょうか。

湯川抗・昭和女子大学教授「大学のあり方、考え直す機会に」

遠隔授業を成功させるためには、どんな工夫が必要でしょうか。昭和女子大学の湯川抗教授に聞きました。

――遠隔授業には様々なタイプがあり、導入の時期も大学によって違いがあります。どのように対応していますか。

湯川抗・昭和女子大学教授

「4月末からオンラインで授業を始めています。ビデオ会議サービス『Zoom』(ズーム)を活用し、授業の時刻に講義資料を示しながら、ライブで講義をします。ネットを媒介にしていますが、従来の対面授業と、基本的なやり方は変わらないといえます」

――ネット環境を整えられない家庭もあるとの指摘もあります。

「ネット機器や回線の費用負担の問題よりも、家庭環境の影響が大きいのではないでしょうか。例えば、共働きの両親がいずれも在宅勤務となり、リビングに設置してある家族共用のパソコンを使っていると、生活音が響いて授業に集中できないといった声を聞きました。また、両親の在宅勤務で複数の人が同じ室内で同時にビデオ会議を使うと通信環境も悪くなります」

――遠隔授業を円滑に実行するコツはありますか。

「かつて所属していたSBI大学院大学は、完全オンラインの大学院でした。全ての講義は事前に録画し、60分の授業を15分ずつ4つのセクションに分けます。1セクションが終了すると、簡単なテストを実施し、正解なら次のセクションに進める構成になっていました。ライブの講義よりも受講者の理解度を確認しやすく、受講者も集中力が高まります。録画を収録するときは、映像編集の専門家が同席し、内容のチェックや編集をしてくれました。ライブの授業とは異なり、受講者は何度でも視聴できるので、内容のミスは許されません。じっくり準備をすれば、完成度が高い録画を提供できるようになります」

――遠隔授業は大学の授業の標準になりますか。

「コロナ禍がいつ収束するかにもよります。明確なことはいえませんが、仮に短期間で収束したとしても、対面での授業を再開するのは、リスクが高いかもしれません。学生や保護者、教員らの間から慎重な対応を求める声も出そうです。学生、教員の双方が遠隔授業に慣れるなら、無理に元に戻さなくてもよいでしょう」

――秋入学の導入を巡る議論をどうとらえていますか。

「秋入学はずいぶん前から議論されてきましたが、大学の立場だけから入学の時期を議論しても意味がないと思います。仮に秋入学に移行したとしても、企業がそのスケジュールに合わせて採用活動をするようにならなければ、卒業した学生が中ぶらりんになりかねません。秋入学ばかりが注目されていますが、もっと広い視点から、大学のあり方を考え直すべきではないでしょうか」

(編集委員 前田裕之)

転職こそ日経。次のキャリアに挑むなら「日経キャリアNET」

■大手・上場企業
■外資系企業
…など優良企業を多数掲載中

>> 詳しくはこちら

「日経キャリアNET」はビジネスに強い日経が作った総合転職サイトです。

日経キャリアNET

今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
注目記事
今こそ始める学び特集
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら