がんになった医師 手術して分かった臓器切除の影響わたホームクリニック診療部長、わたクリニック船堀 院長 行田泰明さん

日経トレンディ

行田さんはがんが判明してから、自分が受けたい治療、終活についての考え方をまとめた
行田さんはがんが判明してから、自分が受けたい治療、終活についての考え方をまとめた
日経トレンディ

緩和ケア医として東京都葛飾区、江戸川区で訪問診療を行う行田泰明氏は食道がんを経験。発見・治療から5年の一区切りを迎え、これまでを振り返ってもらった。

──がんはどのように見つかり、その時どんな気持ちになりましたか。

30代から逆流性食道炎の胸焼けの症状があり、薬を飲んでいました。胸焼けがひどくなり、胸が引きつれている感じもあったので、以前の職場で、当時も週1回勤務していた病院で胃内視鏡検査を受けました。麻酔科医として手術で検査画像を見ていましたから、モニター画面で進行がんだと分かりました。検査してくれた先輩は何も言わず、私も聞きませんでした。

内視鏡検査の後、訪問診療をしながら、「働けなくなるのでは」「長男の大学受験はどうなる」「何年かは生活に困らないとしてもその後はどうする」などと次々に不安が生じました。訪問治療を終え、治療について先輩と話した後、涙がこぼれました。

食道がんは厳しいがんだと知っていたし、「死にたくない」という恐怖や「子育てがまだある」という気持ちで揺れ動きました。苦労して医学部に行かせてくれた両親や「先生の顔を見るとホッとする」と言ってくれる患者さんのためにも頑張ろうと自分を奮い立たせても、どーんと落ち込み、また浮上することの繰り返しでした。

──治療法はどのように決めたのですか。経過はどうだったのでしょう。

以前勤めていた、がん研有明病院を受診し、2日後に検査を受け、食道がんが確定しました。左の鎖骨の下のリンパ節に転移があり、ステージ3。外科医からは「5年生存率は40%くらい」と告げられました。

治療は標準治療に沿って、抗がん剤の後で手術と決めました。鏡視下手術を希望したのですが、鏡視下手術になるか開胸手術になるかは直前まで分からないというのが外科医の判断でした。

腫瘍内科医(がんの薬物療法の専門医)から、抗がん剤治療は全身に散らばっている見えないがん細胞をたたくのが目的で、食道のがんは手術で切除すると説明されていましたが、それでも抗がん剤でがんが小さくならなかったことにはがっくりしましたね。手術では、胸腔鏡で食道のがんを切除した後、腹腔鏡と小開腹手術で胃を管状にし、胸骨の裏側をはがして作った穴に通して、短くなった食道につなぎました。

──予想外だったことは何ですか。

知識として理解していることでも、実際に自分の身に降りかかると驚きました。まず、抗がん剤の副作用の口内炎で飲食物が飲み込めなくて参りました。最大の誤算は、3週間の入院予定が2カ月に延びたこと。食道と胃をつないだ所の一部がはがれて縫合不全を起こしたり、小腸液が逆流してきて誤嚥性肺炎になったりなど、想定外の曲折がありました。胃で食べ物の消化ができなくなり、ダンピング症候群で動悸、目まい、冷や汗、だるさなどが出ます。普段は8割方が下痢で、食べたものが15分くらいでそのまま出て来ることもあります。

運動量が落ち、食事が変わって、83kgあった体重が今は57kgです。筋肉が落ち、階段に足が引っ掛かって転ぶこともあり、もう元には戻せませんね。臓器の切除がこんなに健康の質に影響するとは想像していませんでした。

次のページ
周りの「普段通り」が支えに
今こそ始める学び特集