スーパーにレタスがない! だったら自分で育ててみる

サラダを思い描いて、レタスを自分で育て始めた(画像はイメージ=PIXTA)

自分で作るか、やっぱり。その方が性に合っている。

通販で探すと、必要な道具や有機肥料、種だけでなく苗までもそろう!種から育てると約2カ月かかるが、早く食べたいから苗も買うことにした。通販で野菜の苗が買えるなんて、すごい世の中になったものだ。しかも翌日には全部届いてしまうのだ。

寒くなく、暑過ぎでもない。そよ風の吹く、今日は苗の定植にはもってこいの日になった。こうしてシャベルを手にしただけで、すごく気分転換になっている。ずっと緊張し続けだものね、緊急事態宣言の後から。これから家にいることにハリができるな。レタスを世話する生活になるのだ。

窓際にプランターを置いて、水はけを良くするために鉢底石を敷く。さてお次はと。

ん?なんだろう、この心もとない感じは。まるでスカートを履き忘れて外出してしまった時のような…。

無い?無い!つ、土が、無いぞー!!

土を買い忘れてしまった…。

土って、買うものだったのね。そりゃそうだ。

マンションはコンクリートの塊だもの。田舎は畑の土だらけだから、買うという意識がまるで無かった。

くっそー!ここでへこたれるものか。絶対おいしいレタスを作ってみせるから。

まずは通販通販。

高木美保(たかぎ・みほ)
1962年生まれ、東京都出身。84年、映画「Wの悲劇」でデビュー後、ドラマ「華の嵐」の主役をはじめ、NHK大河ドラマ等に出演。またバラエティー番組にも挑戦し、人気を集める。98年11月、自然と共にある生活を求めて、栃木県那須高原に住まいを移し、農業にも取り組む。現在は芸能活動に加え、講演や執筆業など幅広い活動を展開。著書多数。
「健康」「お金」「働く」をキーワードに、人生100年時代を生きるヒントとなる情報を提供する「ウェルエイジング」を始めました。
週1回ニューズレターを発行します。登録はこちらから。
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
疲れ目・かすみ 目の健康守る
注目記事