powered by 大人のレストランガイド

旅行出来ない今こそ 家でファーストクラス気分味わうエンジョイ・ワイン(26)

ワインだけでもちょっと贅沢してみると気分も変わる
ワインだけでもちょっと贅沢してみると気分も変わる

新型コロナウイルスによる外出自粛でワインの家飲みが増えている。スーパーで手軽に買えるデイリーワインが人気だが、巣ごもり生活のストレス発散のためにも、たまにはちょっと贅沢(ぜいたく)するのも悪くない。そんな時にぴったりなのが、航空会社のファーストクラスで提供されるワインだ。とかく高級イメージが付きまとうが、実は手ごろな値段のものも多い。新型コロナウイルスで海外旅行もままならない今、ワインだけでもバカンス気分を味わってみてはいかが。

航空会社にとって、ファーストクラスやビジネスクラスのワインの品ぞろえは、サービスの重要な売りの1つだ。英国の旅行雑誌「ビジネス・トラベラー」は毎年、世界の航空会社のファーストクラスとビジネスクラスのワインリストの中から、審査員が独自にベストのワインやワインのラインアップを選んで表彰する「セラーズ・イン・ザ・スカイ・アワード」を実施し、サービスの向上に一役買っている。

今年初めに発表した2019年版では、マレーシア航空が最も優れたワインのラインアップに贈られる「ベスト・オーバーオール・セラー」賞を獲得。日本の航空会社からは、全日本空輸(ANA)が、ファーストクラスの赤ワイン部門とビジネスクラスの白ワイン部門で最優秀賞に輝いた。

世界に航空会社はたくさんあるが、日本ではやはり、ANAか日本航空(JAL)を利用するという人が多いだろう。両社は定期的にファーストクラスやビジネスクラスのワインのラインアップを見直し、ホームページ上で発表している。

世界に星の数ほどあるワインの種類の中から、ファーストクラスのワインはどうやって選ばれるのだろうか。JALの広報に聞いたところ、前回の選考では、ワイン事業者からの協力などで集めた国内外のワイン約1000本を、いくつかのカテゴリーに分けて100本前後に絞り込み、テイスティング(試飲)をして、最終的に約30本を選出したという。

テイスティングは、JALワインアドバイザーを務めるマスター・オブ・ワインの大橋健一氏とワインテイスターの大越基裕氏を中心に、ソムリエの資格を持つ社員も加わって、2日間かけて実施。選考のポイントは、ワイン単独で楽しめるのはもちろん、料理との相性も重視し、乗客の様々な好みに応じられるよう、重厚な味わいから軽い口当たりのものまで、様々なタイプのワインをそろえるようにしている、という。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
次のページ
JAL
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト