powered by 大人のレストランガイド

外食できないなら自分で 個性派ラーメンにハンバーグ

野菜たっぷり味噌タンメンの上に激辛麻婆豆腐がトロリ=写真 山川修一
野菜たっぷり味噌タンメンの上に激辛麻婆豆腐がトロリ=写真 山川修一

新型コロナウイルスへの備えで外出が減り、自宅料理が増えた。いっそ人気の外食店の味を再現してみてはいかがだろう。独自性でファンをつかんだ2つの料理に挑戦してみた。

どうせ作るなら再現度を高めたい。「みきママのおうちで作る外食ごはん―あの人気店の味をまねしちゃいました~!!」(扶桑社)を出版する料理研究家の藤原美樹さんに相談すると、「野菜たっぷりみそタンメンに激辛麻婆豆腐をのせる人気店のラーメンはどうでしょう」と答えが返ってきた。

目標は、東京都板橋区に本店がある個性派ラーメン店の味の再現だ。みきママ自身、店に何度も通って、持ち帰りができる麻婆豆腐で研究したというから本格的。よし、挑戦してみよう。

まずみそタンメンの具とスープから。豚こまと野菜はレシピのように1人前で各100グラムだから鍋いっぱいになる量。ゴマ油で2分炒めてから、調味料Aを入れてみそを溶かし1分。シャキシャキ感が残っている。

次に麻婆豆腐だ。フライパンに調味料Bを入れ、弱めの中火でみそを溶かし、煮立ったら豆腐を入れて2分。混ぜ合わせたCを回し入れればトロトロ感が出てくる。いいぞ。別の鍋で、スーパーで買った1玉70円の中華麺を表示通りの時間でゆで、熱々のうちに野菜とスープ、麻婆豆腐をかければもう完成だ。

丼に向かうと、辛み成分がスープの熱気とともに立ち上って、むせるほど。これこれ。あの鬼のようにガツンと襲いかかってくる辛さだ。小さな瓶入り一味唐辛子を1本半、1杯のラーメンにつぎ込んだのだから納得だ。

「鶏ガラだしとカツオだし、チューブのおろしニンニクとショウガなど手軽な調味料の組み合わせで、いかに本物に近づけるか試作を繰り返した。最後は家族も『またか』と言い始めるほどだった」とみきママ。中華麺は今回は細めで作ったが、みそラーメン用やつけ麺用などを用いれば、中太で店の味に近づきそう。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト