新iPhone SEはどれだけお得? ライバルと比べてみた佐野正弘のモバイル最前線

新「iPhone SE」。iPhone 8と同じサイズながら性能は大幅に向上、4万円台から購入できる低価格で注目を集めている

4インチディスプレー搭載のコンパクトなサイズとリーズナブルな価格で、長きにわたって人気を博してきた米アップルの「iPhone SE」。そのiPhone SEの後継機となる第2世代の「新iPhone SE」がついに登場し、4月24日以降、順次出荷が始まった。iPhone 8と同じサイズ感ながら性能が大幅に向上し、なおかつストレージが64ギガ(ギガは10億)バイト(GB)のモデルで4万4800円というiPhoneシリーズの中では非常にリーズナブルな価格であったことから大きな注目を集めている。

だが最近は新iPhone SEと同程度、もしくはそれより安価なAndroidスマートフォンも珍しくない。それらの低価格のスマホと比べたとき、新iPhone SEはどれくらいお買い得感があるのかを探ってみよう。

新iPhone SEはコンパクトさを重視

ここでは比較対象として、新iPhone SEに近い4万円台での販売が予定されているソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 10 II」(5月下旬以降発売予定)と、それより安い3万円台で販売されているシャープの「AQUOS sense3」を取り上げる。

まずサイズだが、新iPhone SEは4.7インチディスプレーを搭載しているのに対し、AQUOS sense3は5.5インチ、Xperia 10 IIは6インチとより大きなディスプレーを採用している。新iPhone SE以外はいずれもディスプレーが縦長で、縦方向のサイズは大きい。

持ちやすさや操作のしやすさという面では、ディスプレーが小さく、片手で持っても画面上部に親指が届く新iPhone SEに優位性がある。だが映像を視聴したり、ゲームを楽しんだりする上ではディスプレーが大きいライバル2機種の方が有利だ。

ソニーモバイルの「Xperia 10 II」。6インチの大画面ディスプレーを搭載。縦横比は映画館のスクリーンと近い21:9で、映像視聴にこだわったモデルとなっている

最近はスマホでさまざまなコンテンツを楽しむ機会が増え、ディスプレーサイズが大きい機種の人気が高い傾向にある。このため新iPhone SEのように4インチ台のディスプレーを搭載したコンパクトなスマホはほとんど見られなくなってしまった。そうした意味では、新iPhone SEは、実は貴重なモデルともいえる。

本体デザインに関連して生体認証について確認すると、新iPhone SEはiPhone 8と同様、ホームボタンと一体型の指紋センサーによる「Touch ID」を採用している。このため上下のベゼル部分が太く、やや古い印象を与えるのが気になる。

新iPhone SEは本体下部に、ホームボタンと一体型の指紋センサーを搭載する。その分ベゼルは太目だ

Xperia 10 IIは指紋センサーを右側面の電源キーと兼用にすることで、デザイン面の問題を解消した。AQUOS sense3は新iPhone SEと同様のデザインを採用しているが、指紋センサーが小さいこともあってベゼル部分は狭い。最近はベゼル部分を極限まで減らし、あたかも前面すべてがディスプレーで占められているようなデザインが人気なだけに、3年近く前に発売されたiPhone 8をベースにしている新iPhone SEはやや不利だ。

シャープの「AQUOS sense3」。新iPhone SE同様、指紋センサーを本体前面下部に搭載しているが、センサーのサイズが小さい分、ベゼルは狭い

チップ性能はライバルを圧倒

性能面はどうか。新iPhone SEと他の2機種とではOSが異なるため、ハードウエアの違いが必ずしも性能の違いに直結するとは限らないが、搭載するチップなどである程度、推し量ることはできる。

新iPhone SEは、iPhone 11シリーズと同じチップ「A13 Bionic」を搭載している。このチップは「iPhone 11 Pro」などのハイエンドモデルにも用いられている。Androidスマホの多くが採用しているクアルコム製のチップでは、最新の5Gスマホが採用している「Snapdragon 865」が対抗馬になることから、新iPhone SEは低価格帯のスマホとしては破格の性能を持つことが分かる

一方、Xperia 10 IIが搭載するのはクアルコムの「Snapdragon 665」、AQUOS sense3は同「Snapdragon 630」である。これらはSnapdragon 865より2クラス下の中間価格帯スマホ向けのチップなので、その分性能は落ちる。

そうしたことから、4万円台でハイエンドモデルと同じチップを搭載する新iPhone SEの性能は、かなり高いと推察できる。特に今後はゲームだけでなく、拡張現実(AR)などより負荷の大きいアプリが増えることから、高い性能を備える新iPhone SEは長く使えるだろう。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
カメラの質は高いが撮影シーンに弱み
MONO TRENDY連載記事一覧