息のむ絶景 いつかは行きたい世界の美しい国立公園

日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/5/20

タイ、ドイ・インタノン国立公園

タイ最高峰からその名が取られており、タイの中では涼しい気候の場所だ。滝やハイキングコース、集落、聖なる2基の仏塔、チェンマイ・グランドキャニオン・ウォーターパークなどは、多彩な名所のほんの一部だ。気ままに散策し、霧が立ち込める雲霧林で珍種の鳥やランを見てみよう(PHOTOGRAPH BY JAT306, GETTY IMAGES)

イタリア、チンクエ・テッレ国立公園

地中海沿岸のチンクエ・テッレを有名にしているのは、壮大な大自然や野生動物ではなく、小さな範囲に点在する5つのカラフルな村だ。40平方キロに満たない小さな国立公園でありながら、起伏の多い海岸の遊歩道、静かな入り江、数百年の歴史をもつ教会、村々、修道院など、自然も文化的にも見所が多い(PHOTOGRAPH BY SEBASTIAN WASEK, YOUR SHOT, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

クロアチア、プリトビツェ湖群国立公園

ザグレブとザダルの中間にあり、クロアチア屈指の人気を誇る自然豊かな名所。緑豊かな森には滝が連なり、16カ所あるエメラルド色の湖に流れ落ちる。公園内には、数キロにわたる木製の歩道橋とゆるやかなウォーキングコースが整備されている。時間がなければ、無料のボートかバスで園内を見て回ることも可能だ(PHOTOGRAPH BY ROBERT HARDING PICTURE LIBRARY, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

中国、桂林・漓江国立公園

中国南東部のこの国立公園(国家級風景名勝区)を満喫するなら、リバークルーズがおすすめ。カルスト地形の独特な山や崖、洞窟を川から望める。夏は非常に混雑するので、春か晩秋に桂林と陽朔の街に出かけ、絵葉書のような景色を楽しもう(PHOTOGRAPH BY NATAPONG SUPALERTSOPHON, GETTY IMAGES)

南アフリカ共和国、クルーガー国立公園

南アフリカの北東端にあり、面積は2万平方キロ近く、アフリカ有数の壮大な動物保護区。ここではビッグファイブ(ライオン、ヒョウ、ゾウ、サイ、アフリカスイギュウ)だけでなく、サバンナから森林までの多様な生態系を彩る数百の種を見ることができる。自分で車を運転してもいいし、ガイド付き動物ツアーを予約してもいい。滞在施設も園内各地に豊富にある(PHOTOGRAPH BY SEAN RUSSELL, GETTY IMAGES)

タンザニア、セレンゲティ国立公園

世界でも指折りのすばらしい野生生物保護区の一つで、きわめて古い生態系でもある。ライオン、ゾウ、キリンを目にするチャンスもあるが、公園の一番の目玉は、毎年、100万頭を超すヌーと20万頭以上のシマウマの群れが繰り広げる大移動だ。サファリを体験するにはジープ、馬、チャーター機のほか、熱気球という方法もある(PHOTOGRAPH BY JASON EDWARDS, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

インド、バンダウガル国立公園

かつてマハラジャ(王)の狩場として使われていた地で、今ではトラの生息密度がこの地方で最も高い。ジープかミニバスサファリで公園内をめぐり、トラ、アンテロープ、ガウルを見たら、バンダウガル砦に赴き、ビンディア山脈を見下ろす崖の上からの景色を眺めよう(PHOTOGRAPH BY MICHAEL NICHOLS, NAT GEO IMAGE COLLECTION)
ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
ニュージーランド、フィヨルドランド国立公園
ナショジオメルマガ