powered by 大人のレストランガイド

小麦輸入大国・日本 でも「粉もん文化」は世界へ輸出

一昨年、香港のコンビニエンスストアで買ったサンドイッチ。「日本で製粉した小麦粉を100%使用」と大きくアピール。日本産の「小麦」ではなく「小麦粉」だ
一昨年、香港のコンビニエンスストアで買ったサンドイッチ。「日本で製粉した小麦粉を100%使用」と大きくアピール。日本産の「小麦」ではなく「小麦粉」だ

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続いている。消費活動も低迷している中、ひときわ目立って売り上げを伸ばしている食品がある。小麦粉だ。東京都の小池百合子知事が「Stay home! 買い物は3日に1回」と繰り返すのを受け、自宅でパンを作る人が増えていたり、学校が休みの子どもと一緒にケーキを焼いたりするのだという。欠品するスーパーもあり、それにつけこんでネットで高額に販売する輩も出てきた。そんな危機にあって注目をあびるこの小麦粉について考えてみたい。

一昨年香港を訪ねた折、ホテルの近くの「セブンイレブン」でサンドイッチを買ったときのこと。パッケージにはちょっと意外な宣伝文句が書かれていた。

「日本で製粉した小麦粉を100%使用」

香港の街角に日本語文字はあふれている。商品や広告に表示された日本文は、香港や台湾の人々にとっては、、ちょっとおしゃれで品質感を感じさせるものらしい。日本でも、Tシャツや文具に意味不明な英単語を躍らせているものはある。そういうのと同じかなとも思う。

しかし、そこは同じ漢字文化圏。平仮名は読めない香港の人も、漢字と数字でこの意味は通じるだろう。そこで気になるのは、なぜ「日本産小麦」ではなく「日本で製粉した小麦粉」と書いたのかということだ。香港では日本産の野菜、果物、和牛、乳製品、卵などの農産物や、各種の水産物などに人気がある。小麦粉も「日本産」がいいじゃないか。と、思うのだが。

と書いている私は、実はちょっととぼけている。実は日本は、小麦という作物を輸出できるほど生産していないのだ。平成30年度食料需給表では、日本国内の小麦生産量は76万5000トンで、これは国内消費651万トンのおよそ1割にすぎない。それに対して563万8000トンと国産の7倍の小麦が海外から輸入されている。一方、小麦という農産物の日本から海外への輸出量は、ゼロだ。

むしろ、はっきり言えば、日本は小麦の一大輸入国だ。そして、そのことに多くの日本人が気がついていないようだ。かなり前に、国産農産物振興を目指した「緑提灯(ちょうちん)」というプロジェクトを取材したことがあった、居酒屋などの店主に呼びかけて、自店で使う食材の国産比率を100%なら五つ星、80%なら四つ星というように自己申告でレイティングし、赤提灯ならぬ緑提灯を渡して店頭に掲げてもらうというもの。国産農産物振興のため、原料の産地に普段それほどこだわっていない人たちにも、なるべく日本産を消費してほしいという期待を込めた。

で、事務局が五つ星を申し出た大衆的なうどん店に、一応「うどんの小麦はどちらの産地ですか」と尋ねたところ、返ってきた答えが「うちはずっと日清製粉の小麦粉。ばりばりの国産でさぁ」。事務局は恐る恐る「たぶんそれはオーストラリア産の小麦粉かと……」

メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト