日経ナショナル ジオグラフィック社

2020/5/17
シンガポールでは、カワウソの家族にそれぞれ名前が付けられている。町中の道路を渡るこのカワウソ一家は、ビシャン・ファミリーと呼ばれている(PHOTOGRAPH BY STEFANO UNTERTHINER)
シンガポールでよく写真に撮られているのが、ビシャン・ファミリーのカワウソたちだ(PHOTOGRAPH BY STEFANO UNTERTHINER)
朝の狩りを終えた後、浜辺で数時間休むビシャン・ファミリー(PHOTOGRAPH BY STEFANO UNTERTHINER)
ベイ・イースト・ガーデンで、イヌに反応するビシャン・ファミリーのカワウソたち。地元の保護団体は、人やペットがカワウソと遭遇したときに事故が起こらないよう気を配っている(PHOTOGRAPH BY STEFANO UNTERTHINER)
シンガポールのマリーナベイで、魚を食べるカワウソ(PHOTOGRAPH BY STEFANO UNTERTHINER)
シンガポールを象徴するビル群を背景に、マリーナベイで泳ぐビシャン・ファミリー(PHOTOGRAPH BY STEFANO UNTERTHINER)
魚を探しに出かけるビシャン・ファミリー。生後わずか数カ月の子どもも、おとなたちの後について泳ぐ(PHOTOGRAPH BY STEFANO UNTERTHINER)

(文 CLAIR TURRELL、訳 ルーバー荒井ハンナ、日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック 2020年4月26日付の記事を再構成]